GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

台風10号(熱帯低気圧?)の接近で北海道は大荒れ!
風も雨も強くなりつつあり、家の周りの危ない所見回って来た!

これからさらに風雨が強まるとのことに加え、いつも湧水を汲みに行く所で羆が出没!ギァ〜!

熊さん、台風来てるからお山に戻りなさい!!!

良く観光地で熊出没のステッカーみかけるけど、実際自宅の近くに出たらそれは怖いです!

なんたって野生ですよ野菜じゃないよ野生だよ…。

わが家の湧水も無くなりつつある、どうしたものか…明るい時間に湧水汲みの先客居たら汲んで、一人ぼっちならやめて帰ってこようかな?

話は仕事の方へ
ED0A1D7A-0CEB-4409-B4FC-D0961050DD49
舟形の小鉢黒赤です。

DEF382D3-C12B-47F0-9C9B-6DEAECCF95A4
赤の面積多いとちょっと派手ですね!笑

自分が買うなら黒に決まり、とにかく試してみるGAKU、色って凄く大切とこういうの見るとつくづく思う。

やって気付くこと、赤はポイントに使うのが1番と…。

模索という段階、今はトライして結果を見て個々に決めていく、又楽しみが増え陶芸ってやっぱり面白い!



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

台風10号の影響なのかよく分かりませんが、海から波の荒々しい音が聞こえて来ます。

GAKUの工房から歩いて直ぐに海に出ます…さすが漁師町!

今日は時より強い雨と風が…大型とは聞いてるけど本体未だ中国地方だと思うけど。

17日ぐらいに北海道にも上陸すると予想されているので、明日はその準備、飛ばされないように危ないものはしっかりと縛ります!…明日では遅いのか?!もう暗くなってる笑。

さて本題の凍裂赤、第2弾が完成というよりお試し的に作ったが、予想以上にメリハリがある。
C4231405-4A32-4E76-8C92-9D630F874388
一口サイズの小さいやつ!

453F33EC-19A9-43E5-BF6D-D4980C401CE4
いつ見ても不思議な模様が浮かび上がります。

今後の指針として黒と赤が主体となり、いつ完成するか分からない凍裂白が出来れば3パターンで勝負ですね!

目立つの大好きなGAKUなので笑、黒の中に置く赤はメチャクチャ目立つ…先ず皆さまに目にとまること笑!

今後の活動
9月21日22日 旭川焼きものフェスティバル
10月2日〜8日 鎌倉「スペース吾」作陶展
10月13日14日 スロウ村の仲間たち2019

詳細は後日お知らせいたします。
赤の初お披露目は旭川になります、SNSを見て気になっている貴方…そうあなたです、是非手に取ってじっくり見てくださいね笑。


台風で被害がないこと祈ります!


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




今日のお天気、夏が戻って来ましたよ〜嬉しい!

GAKUの密かなマイブーム、孫たちに感化され恐竜ブームなのです🦖

そういう事で…。
E8B24A83-F6A1-44C5-B1CB-67BDEADB6F07
恐竜の卵を笑。

B946446D-AFA3-43EE-A14B-3A1165A0376F
細かな亀裂が入って今にもで出来そうな…!

白釉薬で本焼きし上絵の赤を一度全体に塗り、スポンジできれいに拭き取り、もう一度800℃で焼き付けます。

画像では少し黒っぽいのですが、実際は赤を入れてます。

貫入が成せる技と言えますね!

実はこの作品、月一陶芸に来られている生徒さんの作品で、出来上がり20cmから25cmぐらいの大きさ、数も10個程出来てます。
月一陶芸なので、いつも悪戦苦闘してますが、本当に頑張って取り組んだ成果が形になり卵のように生まれ出る…これからも頑張って欲しい生徒さんです。

お盆入り、ご先祖様を思うとても大切な期間…合掌!



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日も小雨が降っている…寒いくらい!

明日からお盆入り、各地で帰省ラッシュがTVで報道されていますが、GAKUは帰省という体験をした事がない。

地元生まれの地元育ち、多少離れた所で住んだことはあるが、殆ど地元から出ていない。

嫁も地元なのでお墓参りも同じ場所…飛行機乗って里帰りは一生無いなぁ〜笑!
人生60年、井の中の蛙を続けています!笑

お盆期間も作業は多少しますよ、作品の窯出し仕上げと納品や発送準備…いろいろ。

忘れてはならないお墓参り…先日タワシとタオルとバケツ持って父母のお墓掃除して来ました。

きっとやってはいけないと思うけど、洗剤つけて父母を泡だらけにしてきました…きっと慌ててるね(泡ててる)。

地元の墓地は親類だらけで真剣にお墓参りしたら、1/3ぐらいは回らんとならん…ちょっとオーバーかな?!

北海道は入植者たちの地、全国から開拓精神を持って入植して来たと思います。(こんな時代があったこと)
地元は新潟県からの入植者が多く、親類同士て来てたり知人を頼って来た方など、当時は殆どが漁師かそれに伴う業種の繋がりのある町で構成さられていたのは間違いない。

それ故に苗字が本間・渡辺がダントツに多くGAKUの苗字の吉田も結構います。苗字が多いと間違うので屋号が各家に有ります…田舎の良さです!

今でこそ屋号もだんだん使われなくなってきていますが、父の代までは間違いなく苗字より屋号が主流であった、時代とともに家業を継ぐことなく、サラリーマンになっていった子供達が増え、自然に屋号も使われなくなりつつ有ります。

お盆が近づくと何故か先祖代々を考える、近い将来GAKUも間違いなくそっち側になる!…さて子供達孫たちが何人お盆になるとGAKUを思い出したくれるのかな?

1人も思い出さないと困るので、お金稼がなくちゃ…そうじゃ無い…これまた失礼!(メチャ古い笑!)

さて仕事
6DC860F7-2EED-411A-8398-E7E0FD58ED29
凍裂黒のフリー大小。

皆さま思い出に残るお盆をお過ごし下さい。



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


陶芸を始めて今年で34年目。

その間色々とトライして来たけど、原点になるもの…!
8A6C9985-DBFA-48A1-BE0D-44E2D6ECC3CA
当時は炭化とか還元冷ましとか言っていた今で言う冷却還元。

口元に透明釉を吹き付けた本当にシンプルなやつ!
当時は灯油の窯で子割りの薪を最後に投入(ダンパーや送風口全て塞いでいた)煙がモクモクと凄かったことを思い出します。

粘土の色を黒く仕上げるのが流行った時期で炭化だけでそこそこ売れた事…今じゃきっと無理かな?。

この炭化焼成を覚えなかったら、間違いなく今の凍裂は生まれなかった。

当時も今も変わってないのが、とにかくカッコいい作品を作る事…単純ですね笑。

当時は加飾などして、もっとカッコ良くとかしか考えず、今のスタイルの使い勝手は無視に近いかも…笑。

若造故のギラギラした感じで、誰にも負けたくないと言動もとんがってたなぁ〜!

炭化に加飾でクラフト的な作品に走り、今の流行りと自負をしていた時期…今思うと可愛いね笑。

歳と共に変わること、容認する部分と否定したい部分があるのも事実だけど歳を取ってもギラギラは心の中で燃やし続けたいと思っています。

原点…土台と考えると無くてはならないものですね!


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ