GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

此のところ雪が降らず、このまま春に成るのだろうか?

20170315_132726

シンプルな白、料理下手な私はどのような料理を盛付けると楽しいのか、一番の楽しみを知りません。
フラットなお皿って、家庭ではたくさん有るものではないと思うけど、一つ有るときっと料理が映えるように思うのは私だけかな?笑。

ディスプレイで何を載せたら良いのか分からず、近くの海岸で拾ってきた貝殻を…これはこれでチョッとは絵になると笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

ミスによる作り直し、急げや急げ!
20170314_191949

ストーブ有るお掛げ…助かるぅ~!
この時季は日中の気温が上がると、薪ストーブを焚くと室温が30℃近くまでに…我慢我慢笑。

20170314_191909

世凪シリーズの黒釉のリム鉢も一緒に焼きましょうね。いつもは冷却還元ですが、今回はチョッと艶ありを狙って酸化焼成でいきます。

確定申告も済み、何処か新たな気持ちでスタートしている感じ、今年は勝負の年に成りますね…毎年勝負なんですが、何てったって50代ラストyear、自分にケジメをつける意味だけなんですがね笑。

来年は還暦、自分が若い頃60歳の方はオヤジを越えてお爺ちゃんの領域に見えた、とうとうその域まで近づいてきたと…思うんですが、他人が見てるより本人は走ってもつまづかないし、流行りの話題にはついていってるし、脂っこいものも大好き!、終いには決め台詞のまだまだ若いやつには負けない…これ自体白旗フリフリ年寄宣言!

自分は、そんなこと承知の上で敢えて言おう「まだまだ若いやつには負けない!」…負けたくない…チョッと力抜いて…手加減してねぇ~!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



いつもお世話になっております千歳市に有りますildonoさんの、カップ&ソーサー展に参加します。
カップ&ソーサー展A_20170310160601
20170310_165743
11名の作家によるカップ&ソーサー展
3月18日~26日 21日は定休日
お時間を見つけて是非お気に入りのカップを見つけて下さい。

申し訳ありませんが、作家在廊 は有りません。

数日前から、むすめの家族と 我が家にお腹から来ている風邪で一族ダウン⤵
健康体が売の私もチョッと感染してきているのか、身体がだるい…。
こんなときは、無理せず休養に徹した方が賢明と夕方から早上がりします。

季節の変わり目、皆さんも気を付けて下さいね。


  応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ 応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

やってはいけないミス…思い込みによるミス!
20170308_193605

以前UPしたこのタイプ、本焼きも終わり上絵を使い貫入に色を入れ再度焼くところまで行ったのですが、思い込みにによるミス…青を入れなくてはいけないのに間違って赤を塗ってしまった。

拭いたところで時すでに遅し…しっかり染み込んでいる。
と言うことで慌てて作り直しと成りました。
今度こそミスは出来ませんね…ミスの原因は歳のせい?いえいえ、うっ?そうかも‼
同時進行の案件が有り、1つしか無い頭(人間皆1つだよね笑。)でいろいろと考えていたらのミス…反省です!

楽しみにお待ちのお客様に、ご迷惑を掛けないように新幹線並に進めなくては…脂汗!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日はお天気が良いです!

昨日の看板、道具無くては始まらない。
20170307_101356

主な小道具で取っ替え引っ替え使い仕上げます。
20170306_183115

私が良くやるのが、文字の周りを削り浮かし文字にする方法です。
文字を型取って貼る方法も有るのでしょうが、いつも削り出し…笑。
貼る方法ならこんなに小道具必要ないかな…数は有るけど使う種類はいつも決まってます。

こんなに有っても、箇所によっては使いづらいので、自作で作って対処してます。

20170306_195613

作りが完成、板の粘土は信楽赤で文字の粘土が半磁器土、予定として文字部分に下絵を塗り、釉薬は石灰透明釉を吹き付けて、冷却還元での焼成で仕上げます。

頭の中の完成を逆算していくと、最初の粘土はこの粘土を使う…とても大切なこと!

さてさて逆算通りになるのを祈るのみ!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ