GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

11月に入っても雪らしい雪が降っていない。

昨年は10月末には一度降ったが、今年は遅いようです。

北海道では11月に入ると、冬タイヤの交換の目安にしていますが、どうも今年は例年とは違う感じ、天気予報を観ても氷点下になる予想が無い。

仕事的にはとても良いことですが、農作物には果たしてよいのか…?

さて作業の方は
AB72262E-6A3C-4C7C-AA38-88EA561B4FF0
石膏型での作業

板に伸ばした粘土を石膏型に押し当て起こす技法。

6A00C459-9D9E-46E5-91E3-CDEE9C006A6A
型を外すとこんな感じ。
まだ口元の処理はしておりませんが、楕円鉢の完成!

さすがにろくろでは楕円形は難しい、せいぜい丸く作って楕円に変形させるくらいですが、もち上げた側がどうしても高くなり、水平にカットしなくてはならなくなります。

石膏型ならその心配もなく、尚且つ削りという作業が無いことや、ほぼ同サイズが出来ることが利点となります。

作る形で技法を選んで進めていきますが、稀に技法のコラボも有ります。
例えば大きな壺などは、最初ロクロで途中から紐積みで大きくしたり、板の粘土を筒形にして紐で足して花入れなどにしたりと…技法のコラボと言えます。

いろいろな技法を身につけることで、作れる形の幅が広がることはとても大切で、目標の形に向かう上で、選択肢がある事は完成度を上げることにも繋がります。

電動ろくろが難しいから、板と紐だけでは幅が広がりません、まず覚えてからどの技法が最善か選べる技力を持ちたい!


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


陶芸を始めた頃、最初に作ったのが湯呑みでした。
C239972E-0A4D-4515-AC6F-76A2ED260E68

電動ろくろを使い始めたときも基本は湯呑み、切立ちと言うのかとにかく基本として何百個も挽いた!

今思うとこの角度が大切で、倒していけば飯碗、更に倒していけばお皿…理にかなっているのかも知れません。

当時は腰の所が厚くて削りで時間を取られ、尚且つ思っていた形にならなかった事を思い出しました。

真っ直ぐな形って、思っていたよりかなり難しくて、てこずった記憶がある!

今はすいすいと挽けるけどね笑。

当時があって今がある…陶芸を始めて間もない方がGAKU blogを読んでいたら…大丈夫!プロだって昔はど素人でしたよ笑、四苦八苦当たり前でろくろの上で自分がくるくる回っていた夢も見ましたから爆!

短時間で習得出来るほど簡単じゃ有りませんし、形が変われば更に力加減や指の位置、目線なども変えなきゃならない…それでも思い通りの形が出来るように成ったら、これ程楽しいものは無いです。

土の素材をろくろの道具を駆使して、造り手がどの様に形に変えるかは、その人のセンスに掛かってきます。
GAKUも未だに形には悩んでいます!笑

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

先日ニセコの帰りに採ってきた粘土。
F2CC5164-FA1E-4945-B68B-8798BF3EF601
先ずは乾燥

062F50B9-DD67-402C-B1DD-69203EAA3E69
いろいろ混ざってますね!

雪が降ると殆ど作れなくなる、正確に言えばマイナス気温になると作れなくなる。

乾燥して粉砕(ひたすら手で笑)したのち篩掛け、補うもの混ぜて攪拌し、石膏鉢で水分を取って寝かせます。
ここまで行くのに日数が掛かるので、今季の自作の粘土作りもこれが最後かな…。

冬場は粘土も凍ってスコップじゃとても無理、来年の春までは無理になります。

粘土の精製方法は水簸はせず、乾式という方式で篩に通してただけなので不純物も入りますが、それはそれで好きな風合いになりこの方式でやっています。

短所も有ります、焼き締まりが弱いことで器として多少脆さが有り、水漏れまではいかないが滲む事が起きやすい。

風合いを求めると、ここがボーダーラインの別れ道で意図して焼く事を選択しています。


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ








昨日も遠出と…ハードdayが続く

江別市セラミックアートセンターへ、所属している凍土会10周年展の当番日。
43FE458D-43DD-449C-9579-8253EC94D1F0

北海道の粘土を半分以上使って製作している作家達の会で、薪窯での焼締や独自の釉薬を使ったりと、個性がある集まりです。
A207EC28-E57A-4479-82B5-6D335DD1775A

私は今回クラックに上絵を染み込ませ焼付ける技法の雪氷を展示しています。
100052A3-E64D-4E13-949A-DEEDA52B03F7


お近くの方で興味がある方は、11日まで展示しておりますので是非見てください。

このとこ片道100km以上の遠出が続き、さすがに疲れて今日は久しぶりにゆっくりと休んでいます。
還暦になってより疲れが抜けない年代、これから10年20年と陶芸にどっぷり浸かりたいGAKU…まだまだやりまっせ!笑…宜しくっす!

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日も又々遠出…ニセコ
A79973C7-ECEB-435B-BD9E-C1459FF59245
蝦夷富士なる羊蹄山にも雪が少し

ご挨拶と打ち合わせ
36ADA7E2-1E4D-42BC-9DFC-0DD339A68073

和モダンのコンドミニアム
D89327F9-B6BD-436B-A412-3F917A9883C3


館内もモダン
B08642E8-2DCD-4656-8CB2-9BA0C0232290

12月末からこちらのギャラリーで期間限定で展示させていただきます。

今年の1月〜3月までグループ展という形で一度展示させていただき、今回は個人としてお話があり嬉しい限りです。

世界でも有名なパウダースノーの雪質のニセコ、海外からのお客様がショート&ロングステイとスキーを楽しまれます!

打ち合わせで、海外の方々のサイズ…ちょっと大きめに作ってください、お酒の関係も喜ばれますなど、普段とは少し違った取り組みを考えていきます。
又楽しい企画がスタートします。

詳細が分かり次第、お知らせしていきます。

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ