GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

冬の寒さに体がかなり慣れてきたように思います。
朝の工房の室温2℃ぐらいから薪ストーブが温まるなで、以前であれば
15℃程上がらないと仕事が出来なかったのが、今では10℃前でも
作業スタートしてます。
人間もやはり野生の力がまだ残っているんですね。

今日は電気窯の熱線が切れたときの応急処置をUPします。
某材料店のお勧めで、その名も「動脈硬化によるバイパス手術」
医龍でも有るまいし大げさでした。

作業はいたって簡単、断線箇所に程よい長さの熱線を当て
2本のピンで固定するだけで「はいオペ終了!」
IMG_5418


注意事項は断線の線にしっかり密着していることが大事で
作業上の注意点はピンを打つとき間違っても強く打ち過ぎて
他の箇所を断線させないことです。

私はまだ素焼き5回しか決行してませんが、今のところ多少その部分に
変色が認められますが無事焼成できています。
材料店の方は本焼きも「OK!]とは言ってましたが
実施してませんので答えが出ません。

これはあくまでも応急処置と考えてください。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ


こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

明日から天候が荒れると言うことで、今日は新年の挨拶も兼ね札幌回りをして来ました。

自家焙煎珈琲と器のお店で全国展開している「大和屋」月寒店と宮の森店に
最初に伺い挨拶して(コーヒーご馳走様でした1杯目)、
次にいつもお世話になっています陶器・和食器の店「陶遊」さんにも挨拶に伺い
(ここでも美味しいコーヒー2杯目)
更に作品の納品依頼が有りうれしい話です。

次に4軒目のお店で、5月に個展が決まった「茶廊 法邑」さんへ挨拶と食事をしに伺いました。
2度目のお邪魔となりますが、本当にお洒落なお店でオーナー&スタッフ様も
とても良くして頂きありがとうございました。(3杯目のコーヒーもいただきました)
会場・備品の確認や使用規約をいただいた後、現在個展中のオーナー出版の
原画展を鑑賞しお店を出ました。

茶廊 法邑
ご夫婦のお話が絵本になっていて、とても素敵でおすすめです!
今月23日まで開催しております。


最後の目的地5軒目は陶芸仲間の「TENSTONE]へ足を運び、
来月東京での個展を控え忙しいところにお邪魔してアイスコーヒーまでいただき(この日4杯目)
1時間ほど話をして(大事な話もせず本当にお邪魔でした)気が付いたら
5時を過ぎ慌てて帰ってきました。

一日で回るには大変で、まるで「ポイントラリー参加状態」で、疲れて今日の作業は
NG!にして明日から頑張ります。



大好きなコーヒー4杯も飲めた喜びに感謝!


今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ


こちらも宜しければ
1クリック↓

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

昨日は3月までの短期ですが、陶芸指導のため厚真町のサークルへ出向いて
きました。
主に電動ろくろの技術向上の指導と言う事で依頼を受けました。
第一回目の講習に参加された皆様は、大変意欲があり真剣に話を聞き
又見本作りでは質問も沢山ありと充実した一日でした。

3月までの短い期間ですが、少しでも皆さんの技術がUPできればと
思います。


昨日窯出しで完成した花器
炭化花入れ


注文品ですが、いつものカット技法に4種類の釉薬を使い炭化焼成しました。



もう一つ完成したもの
灰皿2




知る人ぞ知る・・・・そうです。
灰皿1

灰皿です。


こちらもすでに行き先が決まっております。
合間をみて又作らなければいけませんが、改良を更に加え完成度を上げなければ
いけないと思っております。


冬の北海道はさすがに寒く、粘土や釉薬の管理又毎日の水落としと気を付けなければ
いけないことが増えてます。
(あれ!土練機見てないぞー大丈夫かな?)


春まではまだまだ先、ヒートテックインナーの上下がマストアイテムの私です。
(おじさんなのでまったく気にしません)





今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ



こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村





北海道は寒波に突入で粘土・釉薬の凍結警報発令です。

スポーツなどは冬のハンデを克服して、過去の
ウィンタースポーツ以外北海道はダメを払拭して
頑張っております。

陶芸も負けずにハンデを克服して、雄大な自然を
ナチュラルに取り入れ、頑張ります。

今日は当GAKUのSTAFF chikaのハートシリーズを紹介します。

STAFFといっても一人(娘ですが)陶芸のアシスタントとして
3年目に突入ですが、オリジナル作品を2年前から作っております。
その代表作がこれです。
ハートシリーズ


未だ電動ロクロは使っていませんので、全て板作りで頑張っています。
この作品は粉引きで仕上げておりますが、手順は赤土に化粧土を
掛け線描きし、素焼き後に下絵でポイントの色を乗せ半マットの釉薬を
薄く施釉して酸化焼成したものです。

「釉薬のつやを抑えシンプルな白で仕上げたい」が本人の希望で
御本手は出ない方が希望に沿うようです。
(化粧=御本手はデザインに合わないようです。)

トータルデザインはデッサンから始まり材料・形・模様・釉薬・焼成
とサンプルを作り最終的にこれだと決まってGOとなります。
(完成を想像し進めていくことが大事といつもSTAFに言っております。)

このデザインは私には無理で女性から観た感性ですね、
イベントなどでは私の作品と対比して、お客様からは好評です。

ハートシリーズ1

アイディアは本当に無限ですね。(引き出しを沢山持っている方限定?)

このフリーハンドのラインがアナログで私は好きです。
次のシリーズは、どうゆう作品になるか期待して待ってますね。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓

人気ブログランキングへ



こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします。

本日4日仕事初め、正月ボケを早く仕事モードに切り替え
「今年一年頑張るぞー!」といきたく思います。

オーダーの作品
黒釉カップ

何年か前の作品のリメイクで、かなり大き目のカップです。
カフェオレがメインですが、スープでもデザートでも使える
物で、お客様に気に入っていただきプレゼント用にオーダー
いただき作りました。

黒釉カップ1

作りは、かなりラフな感じでロクロ挽きし
中はマット釉で外が黒釉を塗り二箇所をスポンジで
拭き取り、赤と黄色の釉薬を乗せて酸化焼成しました。

この黒釉は還元では表面に結晶が出て質感がガラッと変わり
ます、機会があればUPしたいと思います。


今年は更に喜んでいただける作品を作っていきますので
応援宜しくお願いいたします。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ


こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

このページのトップヘ