GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

オーダーその1

IMG_6240

8月20日オープンのお店「パティスリー イヌイ」さまからの依頼で只今
急ピッチ仕上げの大壺です。(造り72cm)

IMG_6241

以前紹介しました南フランスのプロヴァンスをイメージしたケーキShopで
削り文字はフランス語です。

素焼きせずに直還元本焼となりますが、イメージ通り焼きあがることを祈ります。
こちらには手洗い器も納品済みで、とてもオシャレなお店でOPENがとても楽しみ、
この大壺は入り口横の壁のくぼみに収まる予定です。



オーダー2

IMG_6244

IMG_6242

こちらは苫小牧市に9月10日頃オープン予定のお店「茶飯や May」さまからの依頼で
シュガーポットとなります。

IMG_6246

3種類のカップ&ソーサー

IMG_6247

アイスコーヒー用の器(今回は半磁器土が主)

その他の作品も依頼があり、造っている自分も楽しんでいます。

オーダーは依頼主の気持ちになって造れるかがキーポイントで
お話を聞きイメージのイラストを描き、時にはサンプルを造る事もします。

今回は自分の作品を見本にしていただき、形・大きさ・色などを基準にし
「遊びを入れてください」と希望がありましたのでその趣旨に沿って造っています。


オーダーには大きく分けて2つのパターンがあるように思います。

① 自分が手掛けている作品イメージでのオーダー
② お客様がイメージしているオーダー

①のオーダーは基本的には自分の作品を気に入っていただき
 とても嬉しく作り易いことです。

②のオーダーは基本的にお客様がイメージに合ったデザインを
 はっきり持っていること。


私の気持ちは①の方は嬉しく造り、②の方は楽しく作る。

何故なら前者は自分の作品を気に入っていただき、そのデザインが
欲しいのですから大変嬉しく思います。
②の方は悔しいかな自分の作品デザインより違うデザインを求めていますが、
取り組んだ事の無い技術や材料にチャレンジでき自分の引き出しが
増え、初めて造る楽しさが味わえることです。

どちらにしても自分を選んでくれたことに感謝しなくてはいけませんね。
(オーダーいただいている皆様本当にありがとうございます)
もう少しで完成しますのでお待ち下さい。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

お礼が遅くなりましたが、帯広「陶・食・祭」に来場いただきありがとうございました。
今年行けなかった分、来年は自分も参加して頑張ります。



海の別邸ふる川

先日お世話になっている「海の別邸 ふる川」へ出向いた帰り、久々に海をゆっくり眺めてきました。

磯辺

ホテルの目の前に広がる景観で、この時期は昆布漁が最盛期。
北海道の昆布で有名なのは利尻昆布・日高昆布ですが、ここ「虎杖浜昆布」は昆布界の
B級グルメNO1かな?(昆布巻きには最高)


IMG_6216

遠くに見えるのが室蘭で快晴時には函館方面まで見ることが出来ます。


IMG_6222

海と山に囲まれた小さな漁村の中に当STUDIOがあります。(どこかにあるんですよ)


虎杖浜神社


映画「男はつらいよ」シリーズで撮影場所になった神社もあります。
(海が目の前に広がる神社は道内では珍しいとの事)

IMG_6231


鈴を真下から見ると「何気ない中にオシャレに両サイドにハート」これはには感動ものです。
この切り込みだけの特集だけでも見てみたい気がします。


たまにはゆっくり地元の散策もリフレッシュには良いですね。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村





昨日までの夏真っ盛りから今日は霧雨で少し肌寒い日。
今日から始まる帯広のイベント「陶・食・祭」に出向いている
アシスタント・妻・孫少し寒いですが頑張っている事と思います。




IMG_6203


今から20年頃前に夢中で取り組んでいた萩焼、今残っているのが自宅用の湯のみ
の一つだけですが、当時土も大道・金峰・三島の3種類に萩砂を取り寄せ自分なりに配合し
ワラ灰を主体に配合した釉薬を作り当時120%の力を出した作品。

IMG_6205


梅花皮(かいらぎ)が程よく出て当時は感動ものでした。
三輪休雪作「鬼萩」に憧れいつかチャレンジできたらと思い未だ取り組んでいない。
当時北海道の窯業は薄利多売方式が真っ盛りで造れば売れる時代で
その中で経費も時間も掛かり価格も高い作品は勝負できない状態でした。

「食べる為・生きる為」が邪魔をする(未だに続いてますが)
今の自分のスタイルで再度取り組む時が来ているように想います。

仕事はしっかりとこなし、少しずつですが慌てずゆっくりと一日
「一点」の作品作りで楽しみたいと思います。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

10日振りの更新となってしまいました。
毎日変わらない記事に応援していただき感謝いたします。

さて今週末は帯広で開催される「陶・食・祭」へ参加いたします。
今年で4回目の参加となりますが、今回私は訳があり出向くことが出来ず
アシスタントの娘とその母親(簡単に言えば私の妻)が行ってくれる事になりました。

妻はイベントには殆ど出向くことが無かったのですが、今回「私が行きますね」と
名乗りを上げてくれ助かります。(家族の協力に感謝!)
接客が苦手な妻ですが頑張ってくれることを祈ります。

今回の出店アイテムの一部
IMG_6202


底仕上げが終了明日梱包します。
伏せていてデザインが解らないですが、新作もありますので是非お近くの方、
会場へ足を運んで楽しんでください。

毎年恒例の電動ろくろの実演、今年は出来ず残念ですが私の変わりに恵庭市の
澤 丈間さんが実演してくれます、若いですがしっかりした技術がある方です
がんばってくださいね。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

昨日は雨の中、「江別市セラミックアートセンター」へ行って来ました。

こちらで開催中の企画展
IMG


この企画展は北海道の粘土を50%以上配合して作品を作って活動している
作家集団「凍土会」による企画展です。
会員の一員である私の当番日でした。

IMG_6130


せっかくの土曜日でしたが雨の為、来場数が少なくとても残念でした。

IMG_6133


今回の企画では各作家が作っている粘土「原土・精製土」を展示して
来場のお客様に実際に手で触れていただくことが出来ます。

本州の窯業地のようなある程度統一された粘土では有りませんが
作家ごとに工夫し自分なりの配合・焼成方法をとり作品に
反映していることがわかり易くなっております。

残念ながら明日18日(月)が最終日ですが、お近くの方是非会場に足を
運んで観て下さい。


今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

このページのトップヘ