GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

今日は札幌へ行って来ました。
D3A9013C-1B4D-48D2-8881-3E0D1BE5102C

20日迄開催中の「ご飯喜ぶ飯碗展」在廊のため夕方までお邪魔して来ました。
1AA549BA-03CC-4FC6-8DDA-4FDC7B3B4398

20名の道内外の作家が集う企画展、力作揃いでしたよ。

47B169C6-A202-4B5B-9490-0045875D03F4

凍裂の黒と追加で沫雪を追加で持参して行きました。
OPENちょっと過ぎに到着...すでにお客様が結構来店しており、ちょっと慌ててスタッフにご挨拶を済ませ、早々追加を展示していただきました。間も無くお世話になってる方々がお見えになって、作品を購入いただき気付いたら残り少なく...追加分が無い!
本当に嬉しいことです、新規のお客様やfb見て来ましたなどご縁たくさんいただきました。

飯碗という一つのアイテム、お客様が手に取って見ている姿...作り手が一番嬉しくも有り、緊張する時間かも知れません。

更に嬉しかったこと...こちらは話が決まりましたらご報告致します。

今回も新作の凍裂は評価が良く追加分も含め完売!
会期が後1週間ほど残っているので、追加で送りますが在庫があまり無いので、ご迷惑かけるかと思います。

短い時間でしたが、有意義で楽しい時間をいただき本当に感謝致します。

B83B4069-020C-4A15-9A77-CFACD7547023


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ






応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



日に日に寒くなって来ています!

3229A532-8EA4-4ABF-9DE8-8DD201B0F07E

焼きもの屋が薪となると「窯に使うんですね!」とよく言われる。確かに焼きもの屋は穴窯や登り窯などを使うが、こんな漁村の田舎町でも昨今は、煙り問題は有りますのでここでは無理でしょうに、山に運んで使うと思って言っているのか、焼きもの屋=薪窯と考えてしまうのでしょうね笑。

現代の窯は電気窯なる便利な時代、ご近所に迷惑かけるなんてまず無いし、マイコン焼成でお出掛けだって出来る時代、薪を使って焼くアナログもマイコンで焼いてもらった作品も評価される現代、作り手のスタンスとスタイルさえしっかりしていれば、喜んで貰えると思っております。

それじゃ〜何の薪?...ハイただの薪ストーブ用の薪でした笑。今回知り合いから伐採した薪を大量にいただいたので、写真以外にも沢山あり10年分は持ちそう...ストーブが先に壊れるね笑。
切ったり割ったりはしなくちゃいけないけど、普段動かない分良い運動になるかな!

工房に遊びに来た方には、薪割り体験の特典付きなんてはじめようかな!真っ二つに割れたかたには湯のみ進呈なんてね笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

月末からの企画展用の素焼きの一部
7C59E8E2-EDD2-41D5-9728-CDE42E379048
全て凍裂シリーズの黒でいきます!

今回は、他のシリーズは一切展示せず1本勝負!
こんなこと初めてかと思いますが、これからの自分にとってとても大切な路になる様な気がして...だから一本勝負!

コケたら皆さん笑ってやってください!

詳細は後日お知らせいたします。

昨日から始まりました[ごはん喜ぶ飯碗展]、夕方のTVに取り上げられたので、たくさんのご来店が有ると嬉しいなぁ〜!
B83B4069-020C-4A15-9A77-CFACD7547023

新米のシーズン、新しついでに飯碗も取り換えてはいかがでしょうか?
札幌及び近郊の皆さま20日迄開催していますので、手に取って見て下さい。
因みに私は14日在廊予定ですので、その日は特に足を運んで見に来てくださいね笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このところどうもミスが多い!
7C91EF54-36F3-4F5F-94AE-0F4EA8A99F98
これもサイズ間違いで作り直しました。

以前のサイズはトンボを作っていたので、何も考えずトンボの通り製作し、完成して発送したところ、先方から前回より少し小さいですよと...。

何が違った?...今回はトンボを少し大きく作っての製作、今度は大丈夫でしょう?!

連チャンの企画展続きで、あれもやってこれもやってと頭の中が渦巻き状態...これじゃトンボの指先ぐるぐると同じでしょ笑!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は朝から風が強く台風の影響でしょうね。

改良した酒器ともう一つ新たに太めも作りました。
9FB18408-C394-4040-9C81-944F5350EB3A
並ぶとこんな感じ!
ほぼ同じ容量でも、フォルムが違うだけで受けるイメージが変わりますね。

好き嫌いはある、男性好み女性好みなど嗜好品故に作り手は模索して提案する。
飯碗などは良い例で、大きさの大小で男女の区別をし同じ大きさになるとペアとして表現する。
定義付けして分かりやすいと言うより売りやすいのかな?

私の場合は、基本は自分が欲しいものを作り提案し、そこから使い手の意見を取り入れるパターン、今回の2点もどう変わっていくのかな?

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ





このページのトップヘ