GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

企画展のお知らせ

10月27日〜11月11日迄
04C79266-6D68-4E90-A17D-2321DB11D61A

F9477B82-7DE6-4BCB-A8D2-26068BF1010C

私の当番日は11月3日と最終日の11月11日の2日間ですが、お時間のある方は是非見に来てくださいませ。

土曜日と日曜日は会員が常駐しており、説明してくれますのでお勧めです!

大変なミス!
DMやポスターに記載された作品、写真撮りの時迄はこれでいこうと思ってましたが、急遽変更しました。
楽しみにされていた方、本当に申し訳ありません。

今回は抹茶碗と飯碗での展示となります。

昨日UPした抹茶碗、余計なことしてもう一度焼いたら全て冷め割れ状態で大失敗、残ったのが1つとなんとも情けない…涙!

ちょっと寂しい展示ですが見てください。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

この前のモノクロ茶碗が完成しました。

24BA0E69-CD8A-4BD0-8915-534878C6063F
予定より明るい感じに…。
素焼きの段階では、口元が鋭い感じでしたが、釉薬で少し滑らかに!

E431E521-AEC7-44DD-8E56-40EAC21E6803
こちらはシンプルに戻っちゃたかな笑。

何個かこれからまた攻めて焼いてみようかと思います。

秋冬用と思いましたが、緑の発色が強く出てしまいどこか新緑の春のようですが、先ずは良しと考えます。
次回は更にこれをベースに改良していきます!

ただダラダラと遊ぶのでは無く、目標に向かって真剣に遊ぶこと、仕事の中ではどうしてもダラダラ遊べません…普段滅茶苦茶ズボラなのに笑。

このところブログランキング上位キープ、応援くださる皆さまに感謝いたします!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このところ気持ちが良い秋晴れが続いてます!

私の作品の中で雪氷という作品があります。

釉薬を掛けた段階
4F6BD5BC-5C3E-41EC-AAD4-D2F90915209B
表面にかなりのピンホールが出ます。
本来なら、指で撫でこのピンホールを消すのが定石でしょうが、私はあえてそのまま焼きます。

完成がこちら
D42BC1C9-1A49-415C-9D16-EA24B49D36A9
貫入とピンホールに色が入る。

これは本焼き後に上絵の具を使い、一度全て塗りつぶした後、スポンジできれいに拭き取り再度800℃で融着させます。
地元粘土でしかこの風合いは出せませんと言うより、粘土に合った釉薬と焼き方を見出したと言ったほうが正解と思います。
全国各地の窯業地では、先人の苦労がその窯業地の作風を作ったと思います。
粘土がある、このスタート地点から完成迄のゴールを導き出した先人の苦労に感謝です。

先人の知識と技術がこの雪氷にも活かされています、さくい粘土の多孔質の性格を取り込み活かすこと、ピンホールを指で撫でて消すことをあえてしない理由です!

作品を作るのでは無く、作風を作る…この言葉にこれからもチャレンジしていきたいと思っています。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

秋…気分はモノクロ

02379B45-5B3F-4ADA-90FE-FECAE3B8011F
オーソドックスな抹茶碗

点て易い、呑み易い、この2点を取り込もうとするとこの形や筒形になると思う。


62BCF7DB-A565-484A-B6B5-48C78B7FFF6B

昨日の筒形は口元が滑らかなら使いやすいと成るのだろうが、無視した作りとなってます。


ここ何年か仕事以外、出掛ける服は黒色が殆ど、葬式じゃ有るまいしねぇ〜笑。
さすがに夏は黒に白を取り入れてモノトーンな世界です。

何故か?
好きだから…これが一番ですが笑。

以前は茶系統が多かったように思います。
下駄箱を観ても茶色の靴が多く、今は黒色も増えてます。

好みの色の変化は、間違い無く作風の変化に影響していますね!
今の作品を見ると…ハイ!白黒!

企画展や個展の際、その場に立つ自分の意識は同化すること、作品を見た人がイメージとして「この作品はこの方が作られた?」と即理解してもらうことも、意外とお話のきっかけ作りになっています。

そう言う意味もあり、今は意識して白黒ちゃんになってます笑!
極め付けは頭も白いですからね…これは意識してでは無く自然…爆!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




遊ぶ、いや遊びすぎぐらいな抹茶碗…笑!
62BCF7DB-A565-484A-B6B5-48C78B7FFF6B

間違いなく使いづらい形では有る。

普段、使える範囲内で作ると言っていますが、今回はその意味では反している!
ただそこから戻すためには、どうしても遊ぶ必要が有ると思い意図して作ってみました。

制約を無視まで遊んではいないが、これがなんとも面白く止められない、止まらないカッパえびせん(古っ!)

一度仕上げて見て、どう戻すかそこからが課題ではありますが、釉薬や焼き方も含めチャレンジしようと…思い描く完成に向かって進むのみ!笑



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ