GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

昨日に続き、今日は凍裂黒の浅鉢です!
径19.5cmで1人用にはちょうど良い感じではないかな?
89D32615-CA70-4633-8B74-62D3F49AB53A
縮れの雰囲気も良く、見た目よりも滑らかです。

昨日は帯広が全国一の最高気温と…沖縄より暑いってどう言うこと笑!
今日も暑くなる予報で、北海道人には早過ぎる夏、私の住んでいる地域は太平洋側のため、20℃ぐらいで過ごしやすい一日になりそうです。

あぁ〜!丸太切りも薪割りもこのところ怠けてましてキリギリスの日々、蟻さんのようにせっせとせっせと働けない…心入れ替えなくちゃ笑!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

シンプルな丸皿が完成!
2B46B5A4-E4DE-4824-90B2-0F38E3A6B725
径28cmのリム皿
縮れ模様もキレイに出ました!
1D154253-B8FC-4A73-B12F-7EC6C9676D1B
凍裂は光の角度によって黒っぽい感じからシルバー色となり写真に撮るのは難しいです。

いつも思うこと、料理が載っている写真を撮ってUPしたいと…食べるが専門の私、いつになるやら笑!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

日付が変わって今日は義理の母の3回忌。
時が経つのは早いと言うのは本当ですね!

家族7人で暮らしていた家、気付いたら私と妻の2人きり!
朝から晩まで話し声がどこかでしていた家も、今は妻と私が仕事に出掛けるとシーンと静まり返っている。

家に心が有ればきっと寂しいよって言っているに違いない。
家族の成長を見守り、子供達の旅立ちと老いて旅立った両親を見送って、残った私たち夫婦を見守ってくれている家、そろそろメンテナンスしてあげなきゃいけないね!

FBにアップしたリヤカーにせよメンテナンスしようと思っている自転車、ちょっと前までは捨てる気でいたもの、理由は分からないけど心の何処かで古き良き時代のメモリーに癒しを求めているのかも…歳を重ねるってやっぱり素敵なことなのかも知れませんね!

2CECAC7B-C8DE-47CF-A29F-B2C0885CB8E4
古き良き時代とは真逆の便利なタイマー。
これのお陰で夜はぐっすり寝れます!
これもまた時が経つと古き良き時代のマシーンになるのかな?笑


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

昨日の楽焼釉薬での融着、焼き上がって来ました。
D501E17D-719E-4366-971F-AF2B2A40E132
予定通りに完成!プレートが浮いて見えるような感じをオーダーいただき、どうにかご希望に添えるかと思います。
ACF011EF-F155-4553-97E9-FC798F91CD9F
ちょっと脚が見える…。
126987D4-124A-491C-9A4E-100987D9D89F
真横から脚の形を撮るとこんな感じ!
0553061D-3C9B-4424-996C-883D2F33BA14
裏面はさすがに艶消しでは有りませんが、脚がしっかりと融着していました。
4回の焼きをクリアーして完成とは、時間が掛かりますね笑。
完成品をじっくり観察して、完成度の面から改良が出来るか探ることもこれからの制作には必要です。
先ずは良く出来たと思います…ほっと!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

足付きのフラットプレートをキレイに仕上げる方法を色々考えた結果、一回の本焼きではキレイにいかないので手間は掛かるが、先ずはやってみることにしました。
A1746482-03EF-4CF8-BF69-7A673DA58F64
本焼きが終わった裏面
2E03BAEE-4168-4918-B7CD-332C2CCB842D
吹き付けで釉薬を塗り
7F10412D-5272-48F9-8474-6092E08E01F0
足だけ本焼きしたこいつを
6441843C-9E38-4002-B4F5-0005F5DC0FDE
乗っけて隙間を釉薬を入れたスポイドで埋めました。

こいつを普通の本焼きしたら間違いなく本来の表面が間違いなく棚板にベッタリと着いて剥がれなくなる。
そこで楽焼釉薬で900℃の低温で焼いて融着させて見ようと考えました。

表面の釉薬はきっと変化しないハズ?
自信のない陶芸知識でトライするので、どうなんだろう?
今日窯に入れ低温本焼きスタートしました…いつもそうだけど、初めての試みってワクワクドキドキして早く窯を開けたくなる、加藤唐九郎曰く、好きな女の子と初めてデートする気分と同じだ!…なんかよく分かる!
73FB1F26-FC73-464B-97FF-F22ABD059181
成功すればこんな感じ!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




このページのトップヘ