GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2012年09月

残念なお知らせ。

29日(土)30日(日)の二日間、旭川で開催の
「旭川陶芸フェスティバル」に私出向く予定でいましたが、
別件でどうしてもそちらの方へ行かなくてはならず、
今回いけません、今年最後のイベントで陶芸仲間と会って
いろいろ話をしたかったのですが、残念!

変わりに娘夫婦が店番へいく事になりました。
あまりなれない二人+ちび一人で頑張ってくれると思いますが、
ブース近くの陶芸仲間の皆さん、何かあったら助けてあげてくださいね。

ブース番号128番、一番奥の壁側になります。



アピールにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


四字熟語「沈思黙考ーちんしもっこう」

静かにじっと思案にふけること。
沈黙してじっくり考えるさま。

たまには必要なこと・・・・・GAKU




よくある貫入ですが、ここから何かヒントを探す

IMG_8732

IMG_8729
 
IMG_8730

更に変化を求め試行錯誤を繰り返す、ここまでは自分の知識で
出せるが、これより先は経験値にない領域、今日の四字熟語
じゃ無いけれど、どん詰まり沈思黙考して再挑戦です。




ランキング参加してます人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「狷介固陋ーけんかいころう」

見聞が狭く、古いことにしがみついていて、
片意地になること。
「狷」は、分を守って、不義をなさぬ意。
「狷介」は、自分の意思をかたく守って、他と
妥協しないこと。
「固陋」は、古いことに執着して、かたくなであること。

歳をとっても柔軟でいたい・・・・・・GAKU



今日は、29日・30日「旭川陶芸フェスティバル」に出店する
準備のために、新たに展示用棚を急遽製作しました。

IMG_8725

今回は、なるべく軽く、組み立てが簡単になるように工夫しました。
枠に使っているのが、個展ように使っていたネジ切り棒に板を挟み
ナットで固定するタイプにしました。

なるべく棚の圧迫感を無くし、スペースが広く感じるように工夫したつもり
ですが、会場で実際組み立ててみないとわかりませんが一応OKとしました。
明日ペンキを塗り完成させます。

棚一つ考えるのも結構大変で、市販品も考えましたがやはり
欲しい棚がなかなか無い、いつものように造っちゃえ的に
スタートしました。
自分なりには満足、これが大事なことといつも思います。






ランキングに参加してます人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


四字熟語「経世済民ーけいせいさいみん」

世の中を治め、人々の苦しみを済(すく)うこと。
「経済」の語はこの語から生まれた。


政治家・官僚の中にこの志を
持った人ははたして何人いるんだろう?・・・GAKU



先日、取引先の陶人社さんで行われた「陶人社感謝祭11周年記念」
イベントの穴窯作品が届きました。

今回は何もお手伝いできず、陶人社Sさん「本当にごめんなさい」

蒔き1

「いやぁ~いんでないかい!」「なまらいんでないかい!」
今回抹茶碗をお願いしましたが、程よい灰被りが観られ
景色が出て全体にやさしい感じに仕上がってます。

特徴は、作品重量で169gとかなり軽いです。
直径15.2cm 高さ7.5cm この数値からしても軽すぎ?

本来なら抹茶碗は程よい重さが必要と思いますが、
何故軽さを追求?・・・・・・現代陶芸の一つの形

伝統の茶道の道具である茶碗、更に伝統の穴窯による焼成作品
どれとっても「伝統」に囲まれている、伝統を守り続ける一流作家がいる、
私はそんな立派な人間では無い、だから自由に造り現代を意識して
取り組んでいます。

ある方の言葉で「伝統を守るとは、ただ先代の技術を守り続けても
時代に取り残され衰退していく、受け継ぎ代を続けるということは
壊していくことで、伝統を守ることができるのだ」と深い意味で
語られたことがとても印象に残っています。

時代にあったものを提案すること、「軽い」もその要素が
あると私は思っています。

蒔き2

こちらも届きました

蒔き3

残念ながら焼成中にお見合いしてしまい、割れたしまいました。
景色がものすごくいい感じですが、残念!
これも陶芸の世界、この作品の運命でしょう記念に飾っときます。

記念行事に携わった皆様に感謝いたします。
Sさん、次回があれば今度はしっかりお手伝いに行きますね。



ブログランキングに1アシストおねがいします人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「百尺竿頭ーひゃくしゃくかんとう」

百尺もある長い竿の先。「百尺竿頭一歩を進む」とは、
努力してすでに極点に達しているが、さらに努力して
向上しようとすること。

終わり無き向上心、もち続けたい・・・GAKU



昨日は、日本列島が逆転?
何かと言えば最高気温のことで、北海道で33℃越えがあり
おかしな現象が起こってます。

工房の中も今期最高の33.9℃と前回マークした室温と同じ
になり、この時期としてはびっくりです。
本来なら一番作業が進む時期なはず、どうしてしまったのでしょうか?


「沫雪」の試験今回は前回の作品をさらに本焼きへ入れてみました。

前回
IMG_8670


今回
IMG_8671

朱色が黒色へ変化しました。


前回のUP
IMG_8665



今回のUP
IMG_8672




今回の高台回り
IMG_8673

結果として黒色を求めるなら、初めから黒の顔料を使えば
よいことなので、今回は朱色でストップするべきでした。

もう一つが以前UPしたこれ
IMG_8549

こちらも更に本焼きしてみました。
IMG_8674

渋い色合いが消えました。

IMG_8676

かすかに渋い色合いは残ってはいますが、ほぼ貫入の入った
「沫雪」です。

高台回り
IMG_8678

高台内だけ前回の渋い色合いが残りました。
結果としては、こちらの方は自分が求めるものとかなり違いが出たので、
これ以降はストップします。

ピンホールに色を付ける方法は更に進めて行き、これだ!というまで
頑張ってみます。

「伝統から現代へ」言葉では簡単ですが、いざ作品となるとなかなか
思うようにはいかない物です。
まぁ~これが楽しくて仕方ないのですが(笑)



人気ブログランキングへ1アシストお願いします人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



このページのトップヘ