GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2012年11月

四字熟語「丹誠無二ーたんせいむに」

「丹誠」は「丹精」とも書き、誠実な心、
まごころのことで、他に類をみないほど誠心誠意
ことを行うさまをいう。

造るときも、接客するときも、心がけたい・・・・GAKU




鉄人2号機が直り、初めての本焼きでした。

IMG_9097

炭化焼成(冷却還元)の作品ですが、いい感じに仕上がってます。
下から4段は、以前報告した「はしもと珈琲館」の年末コーヒーフェアの
プレゼント用マグです。

IMG_9102


鉄分が反応して素地が青黒くなり、中は白鳳マット、口元は石灰透明釉を浸し掛けで、
下の線文様は素焼き化粧土を使い象嵌してます。


参考画像(象嵌) スポイドにて化粧を埋め込み、乾燥後スポンジで処理
素焼き化粧



参考画像(施釉) 白鳳マットを中に掛け外は口元より3cmほど浸す。
施釉完成

釉薬は全て自作、中に使った白鳳マットは昔市販品を使ったときに
いい感じでしたので、釉調を見て作ったものなので、
正式ではないかもしれません。(雰囲気が合っていれば良しとします)

この仕上がり感が好きで、かれこれ20年ぐらいはまってます(よくも飽きないものです)

冷却還元の特徴は硬く焼き締まること(陶土では一番と思います)
釉薬を薄掛けすると結晶体を持って光ることです。

リスクもあります、還元焼成のため中心があっていないものは
正直に変形し、ロスが出てしまう点(私の造りが悪い 笑)
1割は覚悟してます ハイ!

一番のリスクは、やはり熱線に負担をかけること、もう一つ
還元同様一窯一窯の色合いが安定しないことです。

以上を考え大量注文は、かなり神経を使い、数量も多めに造りますが
好きでやってることなので、慣れちゃいました。(強がりです)

興味のある方は、チャレンジしてみてください。


札幌陶人社の柴田さんへ、2基ともすこぶる良いです、ありがとう!




ランキングに参加中1クリックにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「旧染汚俗ーきゅうせんおぞく」

古くからしみついている悪い習慣。

今選挙、民あっての国と本当に想っている
人を選びたい・・・・・GAKU


昨日は、大変な一日でした。

水墨画1

朝8:00工房からの風景

水墨画

まるで「山水画」?いえいえ実際の写真です。
モノクロの世界、カラーで撮ってもモノクロになるんだぁ~。

この時点では、この後大変なことになるなんて思ってもいません。

そうです全国ニュースにもなり、爆弾低気圧で5万戸あまりが停電。
この日、本焼きタイマーによりAM9:00には還元がスタートのはずでしたが、
「ちょっと待てば直ぐに復旧するでしょう」なんて気楽なこと、
携帯ラジオ無し、情報が解らん!窯の取説の10分以内なら
継続焼成が可能と記していたが、その時間もとうに過ぎて、本日の
本焼きは諦めました。
電気が無ければろくろも挽けず、水道も工房はポンプで式でこれまた
使えないので、今日の作業は休みと決めました。

孫も小学校が停電で、途中帰宅したので積もった雪で遊びのんびり復旧待ち!
嫁の父が携帯ラジオを持ってきて「こりゃぁ~大変なことになっているぞ!」
「このまま復旧しなければ、暖房・灯の確保しなくては」ここから慌てて
反射式ストーブに灯油補充し、アウトドア用ランタンの点検(電池交換)
ろうそくの準備と妻は暗くなる前に夕食の準備。
外では信号機が機能しない・コンビ二などのお店が休み、食材確保に
停電地区でないところまで買出し状態。

PM7:00過ぎた頃には復旧して、ホットしましたが自然の怖さ、電気の依存度、
人間は弱い生き者ということが実感できた日でした。

未だに1万4千戸弱が停電状態とのこと、早い復旧を祈ります!
(北電の皆さん頑張ってください)




ランキングに参加中1クリックにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



四字熟語「烏兎匆匆ーうとそうそう」

「烏」は太陽、「兎」は月のこと。
「匆匆」はあわただしいこと。
歳月の過ぎるのが早いこと。
月日のたつのが早いこと。

今年も残すところ36日、早いものです・・・GAKU



今日は、明日の本焼きに向けて施釉作業です。

施釉完成

中の釉薬が終わり、外の段階で予定では石灰透明釉の吹き付けの
予定でしたが、急遽変更しました。
石灰透明釉を薄めて浸し掛けに変更しました。

呑む時の感じで、汚れが付き難い方を選択しだけですが、
結果オーライになる事を祈ります。



釉薬の濃度を変える技法(そんな大そうな技法ではないです)は
以前にも述べましたが、たとえば石灰透明釉は普通の濃度で
掛けると、艶のあるガラス質と解る透明釉ですが、極端に薄く
することで、素地の質感を残した感じに仕上げることができます。

殆どの釉薬は極端に薄く掛けて焼くと、透明色に近づきます。

釉薬全般に言えることは、ガラス質の厚みがあり、釉薬名に沿った
透明・失透・乳濁・結晶となり、着色材を加え焼いた結果として
色調と質感(高温いよる化学変化)で決まっています。

逆に考えて、釉薬名に捉われず、濃度も自由に焼き方も自由に
考え、焼いた結果で他に無いような雰囲気をつかめれば、そこに
新たな発見が生まれるわけです。

薄すぎて・濃すぎて失敗と捕らえるか、新たな発見と捕らえるかは
脳の柔軟性が決めて!(書いてる自分は 固いかなぁ~ 笑)

簡単に言えば「釉薬名に捉われるな」と言いたいだけなんです。
(釉薬名や焼き方に拘っていられる方は、無視してください
悪気はありません、お許しください)



ランキングに参加中1クリックにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


四字熟語「暗中模索ーあんちゅうもさく」

「摸」は、なでる、「索」は、もとめるという意。
闇の中を、手探りで物を探し求めるという
意味で、ここから、手がかりのないものを、
いろいろと探ってみるようすをいう。

技術・技法いつも手探り状態・・でもこれが好き!

                  GAKU





前回の素焼きのマグに素焼き化粧土を施しました。

素焼き化粧

スポイドを使い、溝に沿って埋め込み一度塗って、水分が引くと
一部にくぼみができるので、更にもう一度盛りつけます。

その後、スポンジで余分な化粧土を拭き取る単純な作業ですが、
これがけっこう手間がかかる。

完成までの工程は、以外に単純作業の集積がもたらす物ですね。
「自問自答の我慢比べ」これに尽きる!

明後日の本焼きに向けて、中の施釉・外側の吹きつけとまだまだ
手は抜けない、「楽しそうに使っている風景」を想い描きただひたすら・・・・・。



faecbook初めて、お友達が少し少し増えることにも感謝いたします!




ランキングに参加中1クリックにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「魯魚亥豕ーろぎょがいし」

「魯」と「魚」、「亥」と「豕」は字の形がよく似ていて
誤りやすいことから、文字を書き誤ることをいう。

書き誤るより文字が浮かばない 笑・・・GAKU




年末に使っていただいている「はしもと珈琲館」
「年末コーヒーフェア」のプレゼント用マグが素焼きまで
出来ました。

素焼きマグ

しっかり洗ってほこりを取り只今乾燥中、画像の上には
薪ストーブの煙突が走っていますので、乾きが早く助かります。
どうにか今月中に納品したく急げ急げ状態!

年末コーヒーフェアは、超お徳な企画で「はしもとブレンド500g以上
お買い上げで、なんとこのマグ一つ進呈なのです。
詳しくは、「はしもと珈琲館web」で近々お知らせがあると思いますので
調べてみてください。

お近くの方、是非!ゲットしてください。

ちなみに、隣接してある「はしもと陶芸館」には私の作品も含め道内の
作家さんの作品が展示販売してますので、こちらも覗いて観てください。





ランキングに参加中1クリックにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ