GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2013年08月

もう9月に突入しますが、朝晩めっきり涼しくなってきました。
北海道はこれから一気に秋へと景色が変わっていきます。

冬の準備、蒔きストーブのメンテ・薪の準備本業以外の作業が
目白押し・・ふぅ~!

本業で言えば、粘土の凍結対策はもちろん土練機も(粘土入ってます)
土練機はプチプチの梱包資材で覆って、発送する?いえいえ
更に毛布で厳重に包むんです。

粘土だって発泡BOXに入れたって凍るときはあるのですよ。
冬はいやだ~とはいえませんね、四季がある北海道が好きなんです、
作品に反映でき、感謝の気持ちを持ちます。


冬の反映作品「雪氷ー抹茶碗」

新雪氷1

新雪氷2

今までの「雪氷」とはちょっと違います。
自作粘土=「沫雪」に朱赤を入れた「雪氷」で合作作品で、
ややこしいですが名前をつけるとすれば「沫雪氷」と言えるのかな。

今のところ、抹茶碗に限定して造ろうかなと思っています。

季節感、特に雪をテーマにした作品をこれからも研究・試作の
努力頑張ります。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

昨日のゲリラ豪雨・雷雨で苫小牧市内の一部が冠水で停電や
床上・床下被害がでたようです。
1時間で100mlの大雨、短時間でこれだけ降れば排水が
MAXで追いつかない状態、

被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

札幌のTENSTONEの橋本 忍氏の工房も1Fの窯場が
冠水で大変だったようです。

ゲリラ豪雨・雷雨は正式な用語ではなく、誰がつけたのでしょうね?
「急に襲ってくるイメージからつけられたのかな?」けっこう的を得ていますね。
冬の北国ではゲリラ豪雪もあるんでしょうね。近年何かが変わってきている
のは確か、大天災が起きないこと祈ります!



話は変わり、私が長年愛用のNO10の平線カギべラ(カキべラ)、
削りのツールですが、よほど大きな作品でない限り、これ一本で
全ての削りをしてます。
もう30年近く使っているので、延べ本数は数えていませんが
残しておけばすごい本数がテーブルに並べられたのですが残念!

平線1

これ以上私に合ったものは無いのかと思いきや

平線2

札幌陶人社」で新たな平線を紹介され、使ってみたらNO10の
良さを超えた、うぅ~んいいね~。
スパッと削れる感じはとてもいいですが、大きさがNo10より大きい
ことがちょい不満、これが解消できればNo10から卒業なんですが
メーカーさん作ってくれるかな?

更に進化した「シャープペン型平線」押すと新しい平線が出てくる、
又、「カッター型平線」減ったらポキッと折って又新しい平線を出す、
こんな便利なのが出るとうれしいなぁ~。
メーカーさん頑張って作ってくださいお願いします、
ネーミングは「平線GAKU・NO1」で 笑。




応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ






告知です
明日から始まります2013凍土会展「北の土の器たち」

8月24日~9月23日 (月・祝 休) 無料
江別市セラミックアートセンター2F 企画展示室
 tel 011-385-1004

陶磁器ファンの方、是非お越しくださいね。
北海道で素材を大事に考えているメンバーの作品です、
じっくり手にとって吟味し、気に入った方は購入も出来ますよ。

私のブースは会場に入って直ぐの正面に「沫雪」の白一色で
新作のカップや一輪挿しも展示してます。

DSC_0461

モノトーンで統一、雰囲気いいじゃなぁ~い 笑。

DSC_0462

会場はこんな感じです。(一番向こう側がGAKUの展示です)

DSC_0448

ぐい呑みをアップで、4つ足タイプです。

数に限りが有りますので、気になる方はお早めに!

搬入の帰り、久しぶりに札幌に入りTENSTONE橋本忍氏の工房に
お邪魔しました、仕事の手を休め(休ませてしまったが正解)
2時間の陶芸談義、春のロンドンでの個展話は特に興味をもって
聞いていました。

アシスタントの陽平君も黙々と仕事し(耳だけはダンボかな? 笑)
9月いっぱいで工房を卒業、10月からプロの仲間入りです。


久しぶりの陶芸談義、やっぱ楽しいですねぇ~。




応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




昨日に続き天気が良く、気持ちがいいです。
風が無ければ暑いですが、風がもう秋の冷たさ
夏の終わりを告げているようですね。



「沫雪ー抹茶碗」新作が焼きあがってきました、
試しに雪氷用の朱赤を入れてみました。

DSC_0433

朱赤を入れた段階で「雪氷」になってしまう訳です。

沫雪に雪氷2

これはこれで「古典」の風合いがあり嫌いではありません。

デザインも含め「沫雪」「雪氷」もまだまだ研究しなくては
完成度が上がらない。

ちなみに朱赤を入れただけで低温焼成前の段階で撮影しましたので
朱赤が薄い色になってます。


飯碗と抹茶碗、同じ碗なのに造り手の意識が変わるのは
芸術性の違い?「茶道」の総合芸術から起因しているのか
不思議なものです。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

本日も雨、JR北海道の太平洋側八雲~森間で貨物列車が脱線、
この事故は長雨の影響で起きた事故、お盆の帰省ラッシュにも
影響がでています。

地盤が緩むぐらい雨が続いています、日本列島猛暑が続く地方があると
思うと逆もありで、年々異常気象?と片付けられない不安・・・・・。



今日は、表札を仕上げました。

DSC_0410

「見よ!この道具の数」すごいでしょ!
数だけはあるんですが、実際使うのは半分も使いません 笑。

何に使うかまったく解らない物もありで、セット買いの宿命・・・わからん!
それでも細かい作業ににはとても重宝なツールで、無ければどれだけ
時間が掛かるか、考えるだけでも・・疲れます。

特に右側の彫る・線描きなどにはとても便利、何故か7本で
メーカーも7つ道具に引っ掛けたなぁ~ 笑。

私はあまり取り組まないですが、象嵌技法をされる方は
必須アイテムなんでしょうね。

割れずに成功祈りのみ!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



このページのトップヘ