GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2015年06月

陶の路プロジェクト第二弾募集!

毎日雨で更に寒い日が続いてます。
工房はこの時季でも寒いので、薪ストーブ焚いてますが、何たって温度調整何て便利なもの付いてないので、黙ってたら30℃になっちゃいます笑。

今日1日の動きは、朝一で灯油窯の点火、その足で修学旅行の体験に出向き、午後からは灯油窯の温度管理、皿の成形に雑用と相成りました。
20150630_195231

灯油窯の後半は、雨の中別棟の作業場に傘をさして往復の繰返し、電気窯のスイッチポンは確かに便利だけど、この難儀さが良いのかもしれない。

将来ガス窯も入れて、窯3兄弟にしようかな笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

陶の路プロジェクト第二弾募集!

径30㎝の石膏型を使い丸皿を作ります。
20150622_185440

厚さ7㎜にスライスして、6㎜で仕上げ伸ばし。
20150627_140038

このとき上に乾いた布を被せると、伸し棒に粘土が着きません。タタラ板が短いときはダブルで長くして使うと、いちいちずらさなくてもOK。
20150627_135921

伸ばし終わったら、ケイカル板に下の布ごと乗せて型紙を当て切ります。この際手ロクロの上に乗せると切る針を回さなくても粘土を回すと楽に切れます。
20150627_150124

乗せる前に、縁を締めると同時に口元を薄くします。
20150627_150248

ある程度固まったら、上にケイカル板を当てひっくり返します。
20150627_150318

石膏型を外し、口元を仕上げて終了。
石膏型に乗せて締めるときも、口元仕上げの際も気を付けなくてはいけないのが、中心に置くことです。
簡単な説明ですが、GAKUの板作りでした。

やり方は各々違うでしょうが、1㎜締めることで乾燥の盛り上がりを多少抑える効果は有ると思ってやっています。又、水の使いすぎも歪みの原因に成りますのでご注意下さいね。

参考に成りそうな方は是非、必要ない方は流してくださいね。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

陶の路プロジェクト第二弾募集!

昨日の半磁器の酸化焼成が完成しました。
20150627_194127

こちらはオーダーのカップで透明マットです。
20150627_194237

こちらもオーダーのアイスコーヒー用です。
透明釉で仕上げました。
20150627_194332

こちらも透明釉のマグカップ。
琥珀色の珈琲が映えるの間違いなしです。
20150627_194441

続いて煎茶碗で、こちらもお茶の色が楽しめますね♪
20150627_194538

最後に試作の箸置き。
これについては、まだまだ改良が必要かと?
ちなみに薄い青緑は、失敗覚悟で掛けた楽焼き釉で、本来850℃Maxのはずが、それなりに出ました。
こう言うところから、新たな発見が…セオリー無視が私の信条、失敗も多いですが笑。

今回は全体的に良かったかな♪
応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

陶の路プロジェクト第二弾募集!

先日のカップ只今酸化焼成中!
20150626_130845

灯油窯使い始めてから、どうもこちらの窯が楽しいのか、建家が隣にもかかわらず、せっせと運んで詰めてます笑。
半磁器なので高めで今日は焼きます、どうなりますか…楽しみ!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

陶の路プロジェクト第二弾募集!

半磁器の素焼きが上がって来ました。
20150623_220119

軽くペーパーを掛け、綺麗に洗って今日は乾燥です。
軽くペーパー掛け、これが地味だなぁ~♪
もくもくとたんたんと一番苦手な作業、でもこれをするとしないとでは、焼き上がりにハッキリとした違いが出る。
透明感の無い釉薬なら解りづらいけど、透明釉ならやらざるを得ない、ナチュラル感…大切です。

さぁ~残りも仕上げて、洗わなくては明日釉薬掛け出来ません。ペーパー掛けって素手でやると、手が痒くなるのは私だけかな?

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ