GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2019年10月

先日の作品も久し振りに作りましたが、今日も又以前良く作っていたシリーズ。
A1D222D8-ED56-4716-813B-346D7963EB90
ラインシリーズ。(上が化粧土を掛けた状態、下がラインを入れたものです。

外側のみ化粧土を施し中は黒で仕上げるシリーズですが、今回は中と口元に白釉を掛けます。
蕎麦猪口ですので、口元に釉薬をかけた方が汚れが着きにくいと蕎麦屋さんの店主のご希望に沿って仕上げます。

今回オーダーいただいたのは、神奈川県葉山町にある「手打ち蕎麦 和か菜」様からの依頼で、以前から使っていただいてましたが、今回は補充とのこと嬉しい限りです。

蕎麦猪口の大きさに違いがあること以前は全く知らず、サンプルで送った時、「江戸前蕎麦なので猪口はもっと小さくお願いしますね」と言われました。
なぜかと言えば江戸前蕎麦のつゆは濃い目なので、ちょい付けで食べるので小さくて良いと教えていただきました。

本格的な江戸前蕎麦を食べたことがない私は、食文化の違いって器にも影響がある事…参考になりました。

蕎麦猪口に限らず、きっと全国には食文化の違いで器のサイズも違うものも有るのでしょうね。

全国食べ歩きして見たいなぁ〜!



GAKUのOfficial  GallerySite


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


数年前によく作っていたシリーズ
A7DC2061-5764-47D0-91E0-9E094EBC95B7
釉薬を掛け終わり本焼きを待つ作品

今回お世話になっている方からの依頼が有り、オーダーのみと考え制作しました。

シリーズ名が「ビーチフラッグ」…工房から海が近いので名付けましたが、今考えるとなんとも可愛らしいネーミングだと。

当時作っていたものはクラフト的な作品が多く、今考えると何とも軽い作風‥笑。

まぁ〜過去があって今がある訳ですから、これはこれで良かったのかも知れません。

クラフト的な作風から今のスタイルに変えた時、お客様が離れてしまったことが有りました。
時間を掛け、今の作風を好む客様を増やすことが少しずつ出来ている事に感謝しかありません。

作風を変えることは凄く勇気がいると思います。
ただ、そのままでは伸びていけない不安感が私の場合感じたので、思い切ってスタイルを変えたと言えます。
簡単に言えば、クラフトが下手っぴなだけ笑!

朝晩の気温が一桁になって来ているこの頃、冬支度の薪割りやらなくちゃ乾かないぞ!…先ずは置く場所も直さなくちゃ笑。


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



本当に久し振りにgalleryに作品が並びました。
28896092-16CF-4185-948A-495516477050

ドタバタが続いて、殆ど手付かず状態で物置き代わりぐらいになっていた。
作品もあまり無くて仕方なかったけどね笑。
55125A57-7FF8-4B35-87AA-C4E387068990
器たちが静寂の中各自が主張しているように見えるのは私だけ?

それ程来客が有る訳ないけど、こうして並べるとやはり落ち着きますね!

沢山ある時にお客様が来てくれると嬉しいのですがね…。



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は今季初の薪ストーブを焚いた!
それほど寒くは無いのですが、ガラス面を綺麗にしたら焚きたくなって点けてしまった笑。

やはり薪ストーブは暖ったかいねぇ〜!

急ぎの素焼きも
55C0FFC5-4BA9-4306-8A61-2098F31F5554
多少ゆったり目ですが、納期が迫ってきて焼かざるを得なくなり素焼き決行しました。

普段なら!重ねて入れるのでこの倍は入ります。

これからの季節、空気が乾燥する時季なので、早く仕上げたい作品にはとても良い条件で助かります。

明日は雨予報なので、工房に篭ってひたすら作ります!


GAKUのOfficial  GallerySite


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は暖かく、日中の気温が20℃まで上がりました。

その中、雪を告げる雪虫が大量に宙を舞っています。

昨日の上絵付けの水指しが完成しました!
6A23975A-696B-4FB1-89B6-9FAC3B8B3D12

貫入やピンホールに赤が染み込み、クラック模様が良い感じになりました。

北国は北海道の冬の寒さを表現したく、雪が凍って更にひび割れる様「雪氷」と命名しています。

今回は赤色ですが、青色も有りイメージとしては青色の方が合っていると思います。
20161013_101454
青色はこんな感じです。

北海道の風土をテーマに、常日頃制作しシリーズ化もしてきました。
沫雪・雪氷・凍裂と雪とか凍れを特に意識してますが、これからはもう少し広く考えて、北海道の四季を表現出来たらと考えてます。(具体的には何も浮かんでません笑!)

今年も後2ケ月と少しとなり、のんびりは出来ませんが、年末まで動き回り年末に今年の反省と来年の抱負を綴り一年が終わるのでしょうね笑!

自分の中で今考えている企画があり、年が明けたら少しずつ実行し春ごろには皆さまにお知らせ出来るかと考えております。

GAKUが更にステップUPする為の企画とだけお伝えしておきます。
何が?…まぁ〜お楽しみという事で笑。


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ