GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2019年11月

center">4F0FE752-5E84-4237-AED1-8E5E86AA16B7
昨日に続き注器の紹介。
持ち手付きのタイプで注ぎ易くちょっとだけオシャレ…見えるでしょう?!

お正月のお祝いの席にこんなの1つあれば、料理が更に美味しく見えますよ!

サイズは1合半ほどですが、お正月用のとっておきのお酒など最高ですね。

12月2日から8日迄2人展のため帯広は「ギャラリー夢庵」さんに入ります。
今回の新作注器を全て展示致しますので、興味のある方は是非ご来店下さいませ。
数が少ないのでお早目の来店がゲットのチャンスとなります…俗に言う早い者勝ち!

ラインの優しいもう1つもUPしておきます。
06BE129C-DD63-4643-A3BF-6B26F7A080E4
こちらのサイズは一合半弱のタイプとなります。
どちらも小振りですが存在感は有りますので、是非手に取ってご覧ください。

器とわら細工作家の2人展」
白老町 吉田南岳・札幌市 藤山順二

  <開催場所>ギャラリー夢庵
       帯広市西5条南11丁目26-3

  <開催日>
 12月2日(月)~8日(日)10時~17時(最終日16時)

  <体験教室>(1日5名様)
   時間 毎日 13時~16時
   費用 材料費込 
     ◎トウモロコシの皮で干支を作る教室” 1500円
     ◎陶芸絵付教室” 2500円
       ℡・fax 0155-29-2770
          090ー8272-7915(清水)

GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
続きを読む

ED388CE8-647E-4E9C-A981-C4CA3EB28717
凍裂黒の後手注器が焼き上がって来ました。
ほぼ予想通りの仕上がりにホッとしてます!

71543245-F0F0-4742-82BF-4A4F8734ABA9
真横からのライン。

7B4E0982-EC3B-4565-8244-F4CC287FF892
こちらのマグは半磁器の凍裂黒。
以前頼まれて焼いてあげた時と同じで、縮れが少なく艶が目立ちます、もう少し渋めに上がったらデザインとマッチしていたのですが残念!

やはり凍裂黒は、素地の粗さが縮れに影響することが分かります。
もっと粗めの粘土ならどうなるのかな?これも何処かで試したいと思います。

今日は札幌の材料店「陶人社」柴田さんが粘土の配達に来てくれました。
久し振りに会えてとても楽しかったです。

特に昼食が豪華でした…その話は後日詳しくお伝えします!


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

26C751CE-1CA7-4C40-B081-AAEE9684B1EE
深さと径が微妙に違う盛り鉢?
下の2枚は真ん中の作品、どれでも良いんじゃないと思うけど、料理を盛り付ける側からすればどうでも良くない!

以前ある料理人からのアドバイスで「皿と鉢」では盛り付け方が全く違うと…魅せる料理には器の形がとても重要になり、器も含めたバランスを考えると!

料理を全くしない私にとって、この微妙な違いの形の差が料理人の方からすれば微妙ではなくなること。

料理に無知な陶芸家の私が作り出す器は、果たして料理人の方を魅了出来る器を提案できているのだろうか?

料理人の中でもタイプが2つあるようで、料理が先に浮かびその料理を盛り付ける器を探すタイプと、決めた器が先に有り、その器に載せる料理をイメージするタイプに分かれると伺ったことが有りました。

料理無知な私は、どうせなら両者に好んで貰いたいと…欲張り陶芸家です笑!


GAKUのOfficial  GallerySite


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

毎年恒例になりました2人展、帯広に有ります「ギャラリー夢庵」で開催します。昨年までロクロ体験を実施していましたが、今回は絵付け体験になります。

飯碗・マグ・皿の3種類から選んで思い思いの絵や文字を入れてみてはいかがでしょうか?!

「器とわら細工作家の2人展」
白老町 吉田南岳・札幌市 藤山順二

  <開催場所>ギャラリー夢庵
       帯広市西5条南11丁目26-3

  <開催日>
 12月2日(月)~8日(日)10時~17時(最終日16時)

  <体験教室>(1日5名様)
   時間 毎日 13時~16時
   費用 材料費込 
     ◎トウモロコシの皮で干支を作る教室” 1500円
     ◎陶芸絵付教室” 2500円
       ℡・fax 0155-29-2770
          090ー8272-7915(清水)
C0D161D7-8162-4112-8410-A486FCBF8105
径23cmの絵付け用のお皿
準備していたお皿のサイズ、少し小さいなぁ〜と思い、急遽サイズUPしました。会期ギリですね笑。

毎年、この時季の帯広まで250kmの車の運転…心臓に良くない!
以前帰り道のアイスバーンで滑って対向車線にはみ出すドッキリも!

ここ何年かは雪も少なくアスファルトも見えていたけど、今年はどうだろうか?
そうそう昨年、工房の水落とし忘れて水道管に亀裂が入って痛い出費と、今年はしっかり落として行きますよ!笑

作品も展示販売します、殆ど凍裂黒になりそうですが、新たなデザインも展示しますので、是非ご来店くださいませ。

企画展が終わるとあっという間に年末に…納品しなきゃならない案件数件、師走…師も走る忙しさ、GAKUは100m全力疾走しなきゃ間に合わん!

忙しくなる前に帯広は食の宝庫、豚丼だIndianカレーだスイーツと太って帰ってきます…2kgは増えるな笑!


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


0C37C631-01C0-4155-A0CF-8BA3E29FB375
ハンドルの型紙である。
以前は上段の上が広くて下に向かって細くなるタイプを使ってました。
現在は下段の上下が幅があり中央が細いタイプが主流、本体との接着面をしっかりとり、握った手の感覚にあまり違和感が無いようにと考えたタイプです。

陶芸を始めた頃は、真っ直ぐな帯状の型紙を使って形なんてあまり考えてなく、しっかり付ける方に主観がいっていましたが、カップの形の変化と共にハンドルも意識するようになり、型紙を作るようになりました。

ハンドルの形もそうですが、意外に難しいのがハンドルの長さと言うのか大きさと言った方が正解かな、初心者のころ大きく付けてハンドルの重さで口元が変形したことが良くありました。
ロクロの上達と共にカップの厚さも薄くなり重さも軽くなると、変形の数も増えて…自然にハンドルが小さくなり改善していった経緯があります。

コーヒー140ml(基本)サイズのカップであれば、大半の方が1本の指を中に入れ持つと思います、女性の方には2本指の方もいると思いますが、最高に入れても2本までと思います。

そのサイズで充分と考えると、そんなに長く大きくする必要が無いこと、接着面だけしっかり取れて、持ち手は細くする事でハンドルの重さも軽く出来、口元の変形も防ぐ事が出来ます。

器に合った大きさ、言葉では簡単ですが個々の考え方や感覚の違いもありますので、どれが正解とは言えませんが、基本として最大でも2本の指しか入れないこと、まぁ〜指の太い細いも有りますが、参考に成ればと思い書きました。

F22E0D03-7D84-469E-99B7-D22E6E4686F6
下段の右端の型紙で作ったハンドルです。

男性なら1本指で女性の2本指にも対応出来る大きさです。


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ