GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

2020年05月

本日発売の情報雑誌「HO」でGAKUを取り上げていただきました 。
E628946A-652B-4BA5-8711-E6EF4339885E
胆振日高特集…北海道は広いので支庁名で分かれています。胆振支庁の中の白老町にGAKUが有ります。

1BB520CD-A157-4819-ABB1-0F7BC25BC88B
内容も濃い!

ご飯おかわりの旅の器にも使われてます!
1FE1F423-14EE-4CA6-88BD-6CBA35F04A84


白老町特集も有りますので、コロナ明けしたら是非「白老町へようこそ!」お待ちしております。

コンビニや各書店で取り扱っていますので是非見て下さいね。



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

北海道は今月中に非常事態宣言の解除は難しいと言われています。

昨日、薪の保管場所にしているビニールハウスを片付けていた際、足を捻ってメチャ痛かった…只今湿布中笑!

そんな中で黙々と作業…。

開催が心配な企画展ですが、スタート出来る準備はしておかなくてはと思い、思い描いていたものを作りました。

012EDDBE-80C9-4564-800D-109E633B0DB1
コーヒードリッパーとポット。

どう見ても不格好だね!笑

落ちやすい様に突起も付けてますよ!
D20A7017-10FD-43B0-B65E-8C197F18DF1A


更にこいつの良いところ。
37F82609-EEF0-4B30-B853-01EFFF55DF6B
底の方に穴が有るから注ぎやすい!

欠点は外側にコーヒーの通り道を付けたので、今までの物より重たくなってしまったこと…。

全体に見たらどうも不格好になった感は有りますね笑。

初めてトライした方法なので、数を作るうちに改善策は見つかると思っています。

2つ使ったので、先ずは完成したら実際に使ってみようかと思います。

我が家にも特別給付金の申込書が届き、早々作成して投函してきました。
果たして何日後に振り込まれるのかな?




GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日もせっせとロクロ作業!
CF455A84-1358-40F3-9270-66C72AB49CB3
1アイテムの数は少なく、種類を増やしてます。

348C4374-FFE3-4731-85F4-7A868C750F2A
盛り鉢、ドラ鉢、リム皿

全て一つ1kg、形が違えばこんなに大きさが違う!

盛り鉢にはサラダ、ドラ鉢には寿司かな?
リム皿にはカットステーキ…プチパスタもいけそうだね!

料理が映える器…自分の作品はいつもそうあって欲しい!


長年不定休で仕事してると、日付と曜日が分からなくなる、土曜日日曜日がお休みの方からすると、日付と曜日を忘れるなんて考えられないと言われそう…不定休の自営業ってそんなもんです笑!



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


今日は昨日のろくろで成形したものを削りました。

59F89688-4D65-44B7-BD15-4682BABBBE07


普段あまり考えたことが無かったのですが、作りの粘土の量から削りを終えた作品の重さを計って、どのくらいの粘土が作品になるのか?計算してみました。

作りの段階で使った粘土の重さは、フリーカップも鉢もトータルの粘土の重さは各5kg合わせて10kgを使いました。

出来た数はフリー10個、鉢は5個

この段階でフリー1個当たり500gと鉢1個当たり1kgとなる。

削りが終わった段階で調べると
フリー1個平均275g×10個=2,750g
鉢1個平均475g×5個=2,375g
こう考えるとアバウトでは有るが、約半分の粘土しか必要としない…。

作品の重量がトータル5,125g
削りの重量が4,343g(結構削ってる笑)

削りが終わった段階の粘土の重量は5,125+4,343=9,468g

それに形を揃えるため多少口元を切った粘土と作品にならなかった粘土が318gをプラスすると9,786g

最初の粘土が10kg(10,000g)乾燥で消えた水分が214gとなる事が分かりました。

この計算が合っているのかよく分かりませんが、気付いたことは粘土の半分が作品になり半分が再生に回るということ、それと意外に乾燥で失われる水分が少ないこと。

大雑把に考えると年間の粘土購入費は、再生粘土を作り続けて使い切るまで2年間粘土を買わなくても良い事になる!
(これは毎年同じものを同じ数量作ると考えた場合です)


コロナで収入が減る現実を考えると、削り粘土を溜めずに再生して使う事の大切さが分かります。

*取引先の材料店の皆さん、勝手なこと書いて申し訳ありません…お詫び!


GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日から全国39県で緊急事態宣言解除がなされましたが、北海道は残念ながらまだまだ先のようです?

感染者が増えたり減ったりとコロナ波のウェーブに成るのだろうか?

かれこれ4ケ月近くになろうとしているが、以前と先が見えない不安…本当に1年2年と長期になるなだろうか?

各家庭の経済状態も不安視され、GAKUもその渦の中にドップリハマりつつ有ります。
月を追うごとに収入減…きついですね!

7DDF53CF-A740-4911-9989-603A2D3A790D

そんな中でも作り続けてますがね(誰が買うの?)笑!

全国の陶磁器イベントも中止が相次ぎ、イベントに生計を掛けている作家さんは特に大変かと思います。

私も4月の百貨店の企画展が途中で中止となり、6月中旬にも百貨店で企画展を予定していますが、これもどうなるのか分かりません。

札幌の百貨店は現在のところ殆どが休館、4月の企画展で途中中止の為、作品すら搬出出来ていません。

経済的ダメージは多種の業種に有る中で、我々自営業フリーランス族は吹けば飛ぶような種族…中には全く動じない作家も居ると思いますが…。

大手企業も大丈夫な訳ではなく、あのレナウンが民事再生法申し立て、これからまだまだ倒産の数が増えると予想されていますね!

自然災害なら諦めもつくけど、今回の新型コロナウイルスは人の手によるの可能性が大と言われている、恨むに恨めないとは言えないぞ怒!

生き残りを掛けてGAKUも奮闘しなくては!笑



GAKUのOfficial  GallerySite

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




このページのトップヘ