昨日までの夏真っ盛りから今日は霧雨で少し肌寒い日。
今日から始まる帯広のイベント「陶・食・祭」に出向いている
アシスタント・妻・孫少し寒いですが頑張っている事と思います。




IMG_6203


今から20年頃前に夢中で取り組んでいた萩焼、今残っているのが自宅用の湯のみ
の一つだけですが、当時土も大道・金峰・三島の3種類に萩砂を取り寄せ自分なりに配合し
ワラ灰を主体に配合した釉薬を作り当時120%の力を出した作品。

IMG_6205


梅花皮(かいらぎ)が程よく出て当時は感動ものでした。
三輪休雪作「鬼萩」に憧れいつかチャレンジできたらと思い未だ取り組んでいない。
当時北海道の窯業は薄利多売方式が真っ盛りで造れば売れる時代で
その中で経費も時間も掛かり価格も高い作品は勝負できない状態でした。

「食べる為・生きる為」が邪魔をする(未だに続いてますが)
今の自分のスタイルで再度取り組む時が来ているように想います。

仕事はしっかりとこなし、少しずつですが慌てずゆっくりと一日
「一点」の作品作りで楽しみたいと思います。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村