11月に入っても雪らしい雪が降っていない。

昨年は10月末には一度降ったが、今年は遅いようです。

北海道では11月に入ると、冬タイヤの交換の目安にしていますが、どうも今年は例年とは違う感じ、天気予報を観ても氷点下になる予想が無い。

仕事的にはとても良いことですが、農作物には果たしてよいのか…?

さて作業の方は
AB72262E-6A3C-4C7C-AA38-88EA561B4FF0
石膏型での作業

板に伸ばした粘土を石膏型に押し当て起こす技法。

6A00C459-9D9E-46E5-91E3-CDEE9C006A6A
型を外すとこんな感じ。
まだ口元の処理はしておりませんが、楕円鉢の完成!

さすがにろくろでは楕円形は難しい、せいぜい丸く作って楕円に変形させるくらいですが、もち上げた側がどうしても高くなり、水平にカットしなくてはならなくなります。

石膏型ならその心配もなく、尚且つ削りという作業が無いことや、ほぼ同サイズが出来ることが利点となります。

作る形で技法を選んで進めていきますが、稀に技法のコラボも有ります。
例えば大きな壺などは、最初ロクロで途中から紐積みで大きくしたり、板の粘土を筒形にして紐で足して花入れなどにしたりと…技法のコラボと言えます。

いろいろな技法を身につけることで、作れる形の幅が広がることはとても大切で、目標の形に向かう上で、選択肢がある事は完成度を上げることにも繋がります。

電動ろくろが難しいから、板と紐だけでは幅が広がりません、まず覚えてからどの技法が最善か選べる技力を持ちたい!


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ