GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 釉薬

今日は久し振りに寒いです!

昨日の素焼きに施釉です。
20170321_182243

丸い部分は半透明釉を掛け周りは透明釉を吹き付けしました。
さぁこれから本番、窯さん頼みますよ!
本焼き迄いけると、最後の文字の金彩で焼き付けて完成…緊張の連続!
20170321_172735

青の下絵付けで文字をハッキリさせ、カタカナの方は文字を青色と変化をつけました。
20170320_164351

前回の素焼き、逆から見たら手順が分かるね笑。

始まってます!
カップ&ソーサー展 11名の作家による企画展
3月18日~26日迄開催 21日定休日
ildono千歳 千歳市みどり台北5丁目1-1

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



此のところ雪が降らず、このまま春に成るのだろうか?

20170315_132726

シンプルな白、料理下手な私はどのような料理を盛付けると楽しいのか、一番の楽しみを知りません。
フラットなお皿って、家庭ではたくさん有るものではないと思うけど、一つ有るときっと料理が映えるように思うのは私だけかな?笑。

ディスプレイで何を載せたら良いのか分からず、近くの海岸で拾ってきた貝殻を…これはこれでチョッとは絵になると笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

ミスによる作り直し、急げや急げ!
20170314_191949

ストーブ有るお掛げ…助かるぅ~!
この時季は日中の気温が上がると、薪ストーブを焚くと室温が30℃近くまでに…我慢我慢笑。

20170314_191909

世凪シリーズの黒釉のリム鉢も一緒に焼きましょうね。いつもは冷却還元ですが、今回はチョッと艶ありを狙って酸化焼成でいきます。

確定申告も済み、何処か新たな気持ちでスタートしている感じ、今年は勝負の年に成りますね…毎年勝負なんですが、何てったって50代ラストyear、自分にケジメをつける意味だけなんですがね笑。

来年は還暦、自分が若い頃60歳の方はオヤジを越えてお爺ちゃんの領域に見えた、とうとうその域まで近づいてきたと…思うんですが、他人が見てるより本人は走ってもつまづかないし、流行りの話題にはついていってるし、脂っこいものも大好き!、終いには決め台詞のまだまだ若いやつには負けない…これ自体白旗フリフリ年寄宣言!

自分は、そんなこと承知の上で敢えて言おう「まだまだ若いやつには負けない!」…負けたくない…チョッと力抜いて…手加減してねぇ~!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



朝晩まだまだ寒いですが、日中陽が差すと春近しと感じます。

先日の本焼き焼き上がってきました。
20170304_113351

フラットに焼き上げるため、裏面にトチで支えて中心が下がるのを防ぐ工夫をした、一部逆に盛り上がりが有ったがまずまずの出来栄え…良しとしましょう笑。
20170304_113437

沫雪の釉薬、小さなピンホールが出てしっとりとした質感が特徴ですが、濃度と焼成温度の調整が難しいが良い感じに焼き上がると嬉しい!

30枚のオーダー無事にクリアしました…ホッ!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このところ日中の陽射しが暖かくなりました。

昨年から区の班長さんになり、回覧板や町内会費の集金等受け持って早いもので来月で一年、ご苦労様でした…自分を誉める笑。

今日は施釉のお仕事
20170228_183600

久し振りの沫雪シリーズ、昨年作って寝かせていた自作粘土、やはり自作粘土は好きですねぇ~♪

なんとも言えない良さが有る…自己満足で充分!

多少の重さは気になるが、それ以上に趣が勝ることで良しとしてます。

自作粘土も造りたいが、もう少し暖かくならないと無理なので、有る分で仕上げていかなくてはいけない。

気付いたら今日で2月終わり?‼明日から3月って、この前正月だったと…ちょっと早すぎ~!

後一ヶ月もすれば北海道も春が来ますね。
北海道の作家達が冬眠から目覚めて、動き出すぞ~!
あっちこっち出没しますので、皆さん応援してくださいね!

私も3月24日25日と旭川、4月5日から一週間札幌DAIMARUさんへ入ります、GAKUが冬眠から目覚めてガオ~と!いきますよ。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ