GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 釉薬

北海道もそろそろ冬に…寒いです!
鍋のシーズン到来と昨日早速食べました笑。

日頃何か新しい形を作ろうと思う時、先ずやること
C8F6DBF3-1990-4BA7-84A2-B4A3E3F48400
基本形を作る

これを観察してどのように変えるか、どのくらい崩せるかなど模索します。
基本とは、例えば抹茶碗の場合、井戸型や筒型や碗型が一般的な形と考えます。(あくまでも大まかな分類)

今回は碗型からスタートしていこうと思い、先ずはオーソドックスな形を作りました。

お茶の世界で言う抹茶碗の基本はいくつか有ります。
口縁や見込み・茶筅擦り・茶溜り・高台・土見などが基本となります。

この基本を全て取り入れながら崩すのは、かなり難儀で基本の呪縛から抜け出せなくなります。
しまいにはオーソドックスが一番と思いこんで考えが固まってしまう!

そこで考え方をまとめる。
①形…今回は碗型。
②決まり…全て取り込まない。
③電動ロクロで作り出す。
④削り…手削りとする。
⑤色…今取り組んでいる凍裂の黒。
⑥使うことを前提とした形

この6点を取り入れ、どの様なデザインにするのかまだ自分でも決めかねてます!…焦らず進めていきます笑。

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ







昨日も遠出と…ハードdayが続く

江別市セラミックアートセンターへ、所属している凍土会10周年展の当番日。
43FE458D-43DD-449C-9579-8253EC94D1F0

北海道の粘土を半分以上使って製作している作家達の会で、薪窯での焼締や独自の釉薬を使ったりと、個性がある集まりです。
A207EC28-E57A-4479-82B5-6D335DD1775A

私は今回クラックに上絵を染み込ませ焼付ける技法の雪氷を展示しています。
100052A3-E64D-4E13-949A-DEEDA52B03F7


お近くの方で興味がある方は、11日まで展示しておりますので是非見てください。

このとこ片道100km以上の遠出が続き、さすがに疲れて今日は久しぶりにゆっくりと休んでいます。
還暦になってより疲れが抜けない年代、これから10年20年と陶芸にどっぷり浸かりたいGAKU…まだまだやりまっせ!笑…宜しくっす!

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

いつもblogなどで作品をUPする時、目で見たままの色合いを写真で表現する難しさを実感します。
5ABFF4D7-9381-4E91-B526-6E14F0E9A140

上がオリジナルで下がモノクロ、上の青色が表面に出ていますが、実際には殆ど青が見えない。
下のモノクロではシルバー色になっていますが、実際にはこれ程シルバーには見えません。

機械が正しいのか、人の目が正しいのかは分かりませんが、見た目の色をUPするのって結構難しいものです。
編集機能を使ってある程度近づけますが、完璧にはいかない…本当は実際見てもらと分かるのですがね笑。

光・反射・角度…ふむふむ!分からん‼️

やはり自然光の下で撮らないと駄目なのかなぁ〜笑。

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

この前のモノクロ茶碗が完成しました。

24BA0E69-CD8A-4BD0-8915-534878C6063F
予定より明るい感じに…。
素焼きの段階では、口元が鋭い感じでしたが、釉薬で少し滑らかに!

E431E521-AEC7-44DD-8E56-40EAC21E6803
こちらはシンプルに戻っちゃたかな笑。

何個かこれからまた攻めて焼いてみようかと思います。

秋冬用と思いましたが、緑の発色が強く出てしまいどこか新緑の春のようですが、先ずは良しと考えます。
次回は更にこれをベースに改良していきます!

ただダラダラと遊ぶのでは無く、目標に向かって真剣に遊ぶこと、仕事の中ではどうしてもダラダラ遊べません…普段滅茶苦茶ズボラなのに笑。

このところブログランキング上位キープ、応援くださる皆さまに感謝いたします!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

料理が映える器は色々有るかと思いますが、料理を殆どしない私が好きなのがこれ笑!
B5B31814-DE48-471E-BF8B-213D50466391
創作料理屋さん好む形

料理を活かす器と思っています。
もう一つが船形の小鉢
862AA8D4-9871-4BD2-96BD-EB4201C87A88
こちらは使い手がいろんな料理を載せられて楽しいのでは!

器はやはり料理を活かすことが大切、魅せる器って何だろうって良く考えます。
料理を盛り付ける事を無視は出来ない、シンプルほど合うものは無いし、中でも白い器が1番かも知れません。
白の中に料理が盛られた黒の器は、ひときわ目が行くのは自然なのかも…料理もしない私が思うのも笑!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ