GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 裏技

工程の中で、今や必須アイテムの1つになっている。
8D39F4B0-E33E-4B5D-973E-7989C5F6BF15
サンドペーパー
今回#180と#320を、このペーパーの良い所は、ウラ面が粘着するので剥がれづらくてとても重宝しています。

ちょっとした工夫で作業効率UPに繋がるので、これを発案した方は凄いと思いますね!

お店に品切れの際は、しかたなく普通の買って作業しますが、途中で指先からはずれる事多くてムカっとします。

ただし、作業を続けているうちに指先が粉っぽくなって来たら、粘着力低下するので、小まめに拭いて使う事です笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日の空の雲は筋雲、あぁ〜もう夏は終わり、秋の気配が感じられます。朝晩の冷たい空気もふと緑に目をやると緑の中に赤色が…やっぱり秋近し!

IMG_0034
板作りのプレート、乾燥段階でペーパーを掛けて形を整えてます。

素焼き後ですと結構手間が掛かるので、この段階でやるのが良いと思います。

気付いたらもう9月、これから企画展やらイベントが続き、製作も気合入れなくてはいけません、オーダーをこなしつつまたまた何時ものフル稼働行きまっせ〜!笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



工房に聞こえてくる盆踊りの音楽…やっぱりお盆ですね!
ここ白老町虎杖浜は、他とは違った盆踊りが有り、越後盆踊りというもの、昔この地に移住してきた方々が今の新潟県からの移住が大半で、今でも伝統文化を大切に守っています…ローカルでしか味わえないかも?

窯出しが終わって新作を紹介します。
IMG_20170815_123838
凍裂シリーズ高台鉢

どうにか頭の中で描いていたものが、完成形に成ったかな?

頭の中ではあれもこれも完成形なんだけど、現実に出来上がるのは殆ど無い、今回は数少ない成功例だ!

近々抹茶碗もご要望により製作しますので、完成しましたらご紹介します。

8月に入って、何だか夏というより秋の気温にちょっと寂しいなぁ~♪


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

以前Instagramで見つけた裏技!
試してみた…。
20170806_180256
口元ギリギリまでの施釉するとき、今までは中のギリギリまで釉薬入れて、空けたら口元のみチョイ付けしてましたが、はみ出しが結構多くスポンジで拭き取ってました。

Instagramで見つけたのは、マスキングテープで口元より高く貼り、釉薬を口元が消えるまで入れ空けたらテープを剥がす…。剥がした写真撮ったのが、間違ってボケたのと一緒に削除してしまって無い笑。

かなり良い感じですが、何点か気付いた点を書きたいと思います。

①形はストンとした真っ直ぐタイプがベスト…口元が開くタイプや閉じているタイプは口元の際が難しいこと
今回はラッパ型でしたので、際までキレイに掛けたい場合はマスキングを何カットかして貼ることをお勧めします。

②マスキングの剥がすタイミングは、釉薬が乾きすぎたら口元まで剥がれる可能性があるので、釉薬を空けたら直ぐに剥がした方が良い。

③数が多いとマスキングを貼る時間が結構掛かる…何時ものはみ出しをスポンジで処理する方が早いかも?
キレイさという点ではマスキングの方に軍配はあがる

④口元の外際なら良いが内際は無理、写真が無くて申し訳ありません。

これも慣れたらマスキング貼るのも処理をするのも、きっと早くなると思いますので、興味のあるかたは一度お試しあれ!


機会があれば動画で紹介します。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

先日ひいた風邪が長引いて、どうも完全復活出来ていない。

タイトルに満足できないと記しましたが、黒釉薬に取り組みそれなりに出来たマット調の釉薬、「夜凪」と名付けいろいろと製作し提案もしています。
20170620_174937
これはこれで充分と最初は思ってました。
普通、素焼き本焼きで完成と成るのですが、再度本焼きをすることで、新に釉薬が変化することで全く違った色調に生まれ変わることを見つけたら、もうこれでは満足できない自分がいる!

あれだけ「やった!これでいこう」と決めていたのが…飽き性?いやいや、より良いものを求める向上心が心のどこかに有るかと思います。
もの作り人は、常に向上心と分析を持ち続けていくことが大切と…。

今回の変化型も焼き上がり次第ご紹介します。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ