GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 粘土

DAIMARU札幌が終わって少しのんびりとして居たら、納期が近づいている事に気付き慌てて制作。
D62EE9B1-1C72-4942-BB23-0F159D5E23D0
数こそ少ないがそれなりの大きさです。
リムの幅を少し変えて2枚つくって並べて見たら、かなりの違いにちょっとびっくり!
オーダーは右なんだけど左の方が魅力を感じる。
右は結構悩んでこのスタイルにしたにもかかわらず、左に魅力.…これは形ではなく、造り手の自分が浮気性なんだと自己分析笑。

拘りを持っているから変化させない、拘りを持っているから変化していく…きっと両者とも正しいのかも知れない!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

後10日もすれば、社会で言う新年度ですね。
長い冬のトンネルからやっと抜け、新緑が始まる時季になって来ました。

42B608FC-86E1-464A-908E-DFFDB562EBB6

自作粘土で作った作品に、更に上絵を施し再度低温で焼き付けます。
35578194-CE21-4139-A36D-265211CB9686

一度上絵を全部塗り、二回ほどきれいに拭き取ります。
飯碗なら中も拭き取りやすいですが、筒ものは手が入りづらくて大変!
右側がきれいに拭き取ったもので、これを低温で焼きます。
カップ&ソーサーのオーダーまあり、それが揃うまで一窯分にはなりませんが、一緒に焼き付けます。
トータルで3回の焼成...長いなぁ〜!

オリジナルの追求には3回だろうが4回だろうがとにかくやらねば!

凍裂の緑色、解決の糸口が見つからず山で例えると5合目辺りを登ったり下がったりしている始末!
あぁ〜あ難題山積み状態、やっと長い冬のトンネルから抜け出せそうなのに、仕事は未だ長いトンネルの中でもがいてます笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

平昌でのパラリンピックがもう少しで始まりますね!
ハンデを背負って戦うこと、各選手のメンタルは間違いなく高いことだけは想像できます。

頑張れ日本🇯🇵!頑張れアスリート!

径21cm高さ7cmの盛り鉢
E3E8F120-0D4D-41EB-A696-7BC2F1708A43

1kgで何個か挽いた、今回課題を料理を盛り付けること器を通じて料理を見せること、料理を作る側が使いたい器とは...?
殆ど料理をしない私はアバウト感での作品が多く、何人かの料理人の方からアドバイスを受けその殆どの方が料理をのせるところは平に近い方が良いとあげる。

逆に考えるとのせる所以外は遊んでもよいと考えられる。
画像では分かりにくいですが、区切りをつけて曲線リムを取り入れた。
何も変わっていないと言えばそれまで、しかし自分の中で明らかに変わった形に仕上がったことは、これからの制作に影響すると思います。

料理を作って盛り付ける側がこれは欲しい器、そんな課題にこれから追求していきます。...今更?笑


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


昨日の荒れた天気から今日は穏やかで暖かい日。

8196CFD4-6CC0-4A5C-B59D-D947803203ED

昨日削り仕上げした径14cmのソーサー、カットしたら切り取り分の粘土が結構出た。

冬季間の粘土の再生は極力避けてるので、春になったらわんさか溜まってる...北国の辛いところ!

再生すれば立派な粘土に生まれ変わるが、労力が結構必要で、ある方が言っていた「再生に時間掛けるなら新しい粘土買った方が早い!」確かに効率と考えると一理あるが自然界からの恩恵と捉えるとそうも言えない、全て無駄なく大切に使うことがベストと理解してます。

自らが粘土を採取しなくなって来ている現代、貴重な粘土と思う意識が薄れて来ていることは確かかも知れません。

粘土が無くなれば我々陶芸家は廃業、粘土が無くなって来ていると言うより、粘土を採取する業社が減っていることの方が危機感を持った方が良い。

今更粘土を採取に行きますか?
コツコツと水簸して杯土を作りますか?

そうならない為にも素材は大切にですね!



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


平昌オリンピックで日本のメダル数が過去最高に!
スケート女子パシュートとスキー複合ラージヒルの渡部選手のどちらかがメダルを取れば達成!
是非両方で金メダルなら最高ですね🥇

オリンピックにハマりすぎると仕事にならないので、夜のハイライトで一部は我慢しております笑。

模索中の形と色
467AE6B1-4711-49E9-B2B8-1BA5A6538B2B

サンプルに成るのですが、微妙なラインを模索しつつ作りました。
画像では分かりにくいですが、内底の広さや全体のラインを...簡単そうで難しい!

更に難しいのが色合い、今回緑色の凍裂を目指しているのですが、頭の中で出来上がっている風合いを完成させるには、ベースとなる釉薬の配合が難敵...又々試行錯誤の日々がと言いたいのですが、今回はあまり日数が無く早めにつかまなくては困ることになる!

新規OPENのお店の器なので、待った無し状態!
緑色が完成すれば、他の色も出来る可能性が高くなるので楽しみでもあります。

陶芸界で金メダル取りに行くぞ〜!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ