GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: > 冷却還元

今日は一日中、本当に寒かった!
日中でも−6℃ぐらいはあったんじゃ無いかな?
2階の工房は薪ストーブが有るので暖かいのですが、一階の窯場はめちゃくちゃ寒いなか、今日は窯詰め作業を決行!
81B95949-5C8A-466A-8549-AA46CD73473C

氷点下−1℃のなか奮闘しどうにか終了。
年明けに買った、内側にアルミが付いている作業服のお陰で石油ストーブ点けなくても作業が出来た、外で丸太を玉切りにする際寒いので買ったのですが、意外なところで役に立って嬉しい限り!

これからは当分窯詰めの必須アイテムに間違いなし笑。
ここよりももっと寒い地方の方から見たら、マイナス一桁は笑っちゃうかも知れませんが、寒いのは確かです。
この時季になると春よ来い早く来い...♪と毎年思うのは私だけかな?

明日は冷却還元、炎の調整上手くいきますように!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日も寒い日となりました。
この寒さは本当にいつまで続くの?

例年なら2日ぐらいすれば少し暖かくなるのに、今回は寒すぎ!
昨日の夜、1Fに有る窯場で窯詰めしてても、寒いので上着着たまま詰めた。
2148B08C-CD67-4374-9953-3E3CE1327E03
今日はガスを使っての冷却還元での本焼き。
900℃から還元を掛けて徐冷1000℃迄還元を掛けていきます。作家さんによっては900℃迄掛ける方もいるようですが、私は1000℃でも充分で赤土もしっかり黒くなります。

E1356B7B-2A8D-4C11-955F-D7D7BD3DFD62

1385FC64-CDDC-4FD5-9A13-A425D52FEF95
ここからが大事な時間、還元を逃したらオジャンですからね!

今回は凍裂シリーズなので、冷ましてから再度酸化による本焼きをするので、開ける日数がいつもの倍必要になります。
自分で決めたやり方なので、気にはしていませんが納期の逆算はしっかりしないと間に合わない事になりかねない!


告知
明日から札幌のTUTAYA美しが丘店で、凍土会によるマグカップ展が始まります。
私今回は雪氷のマグオンリーたなりますので、是非手に取ってご覧下さい。
95B72388-F052-46BC-AABB-33DADE8A3DFA
22日と23日は私会場におります。
又23日18:30〜20:00の時間隣の森彦珈琲さんでの陶芸談義なる3人のトークがあります、私も話さなきゃいけない...どうしよう汗💦!

札幌雪が結構有るので、車でお越しの際は運転に気をつけて来てくださいね。足元も滑るので歩きも雪道歩きでね(道産子は分かる笑)

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ
|



応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日は本焼き。
D3E21F8C-BA5A-40BC-BEB7-CA5E49FC9B3F
昨日の夜、どうにか施釉して窯詰めしました。

焼き直しも含め〔真っ黒黒スケだ!〕
冷却還元による本焼き、還元落としと言っている方も...,
私は本焼きのプログラムが終了して、ガスによる還元を1000℃になった段階でガスを止め終了しています。
以前は900℃まで下げて止めていましたが、まれに表面が赤茶色になることがあり、少しずつ高めで止めて今の1000℃に落ち着きました。

作家さんによってやり方は違いが有ると思いますが、参考までに留めて下さい。

間も無く本焼き終了となりますが、終わり次第今度は素焼きします笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日はひたすらペーパー掛け。
image
目に見えないかも知れないが、使い易さを求める作業で一つ一つ丁寧に.....!

まだまだ今日は続きます。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日はどんよりな天気。
世間ではGW、皆さん満喫してくださいね‼

GAKUはいつものお仕事です笑。

本題の失敗から学ぶ…。20170501_114943

サイズが大きくなると出来るものも出来ない‼
20170501_114928

20170206_232428

本来はキレイに成るはずが…。
20170501_114910

底板が潰れた!笑。
冷却還元の怖さを思い知った結果です。

厚さを小さい時と同じにしたことが、失敗の原因の一つと考えられる。
軽くしたい…この事が粘土には耐えられなかったのかな?

そこで学ぶ…作りを厚くするか、フラットに置いて焼くことを止めて、他の方法をとるか…いろいろと考えて取り組まなくてはいけない。
粘土の熔落率を踏まえた考えでいかなくては、成功率を上げること出来ないのか…うぅ~ん考えるなぁ~♪

試行錯誤とよく言うが…目標がある以上試行錯誤を嫌わず好きになってこそ達成できること、今まで何度も味わった。
今回も少し時間が必要かな!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ