GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:余談 > 写真

苫小牧市の地方紙、苫小牧民報社発刊のフリーペーパーCoCotに連載されている「彩食絢美」11号に取り扱っていただきました。

20141106_171443


実は2年前より貴社に料理と器のコラボを提案していたのが、8月号よりスタートでき地元の陶芸家3人が料理人を自ら探しコラボする企画。
今回は苫小牧にある、創作日本料理「四季の味」熊谷友紀さんとコラボしました。未だ若いですが、金沢市の老舗、料亭 大友楼でしっかり修行された実力者、彼の腕で器が活かされた今回の料理は、器造り人冥利につきますね。

これを見てやはり器は、料理の引き立て役と実感しました。シンプルされどクラフトアート的な要素を何処かに取り入れなくては時代にはそぐわない。
うぅ~ん!難しいものですね。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

昨年7月からスタートした「四字熟語」早いもので1年を迎えました。
自分の中で決めていた「1年は続けよう」が一様クリアできたことで、
終了し、又新たな形で始めたいと思っています。

四字熟語は自分の戒め的にスタートし、沢山の方々に共感いただき
とても感謝いたします。

次回「ことわざシリーズ」を考えておりますが、これも1年頑張って続けて行きたいと
考えていますので、乞うご期待!



イベントまで残された日にちは1週間、どこまで完成できるかはまったくもって、
解らないですが、未だにもがいています。笑

大滝ぐい飲み

自作粘土(大滝土)による、ぐい吞みですが「沫雪」専用粘土で
この土が、出来を決めると言っても過言ではありません。
20年以上前に巡り合った土が、ここにきて活き始めていることに
心から感謝しています。

同じくらいに巡り合った穂別粘土は、試作でかなり先が見えてきたが
最終的な焼成方法が薪による焼き締めとなりそうなので、
現段階では前に進んでいない状態である。

雰囲気は備前焼きの肌合いに近いと言えるが、いつになったら
チャレンジできるのか・・・・・・でもいつかは!

陶芸がカルチャーになればなるほど、プロは材料に拘るべきと私は
考えてます、似たような焼き方・色合いがあろうが「自作」が「自信」に
そして最後が憧れの「自由人」になれるといいなぁ~と、実現に向け
やれることはやるぞぉ~!!!


先日、登別市にある陶芸サークル「登別窯」へ、お招きをいただき
行ってきました。

登別窯

人生の諸先輩を前に、語っちゃたのですが、少しでもアドバイスに
なり、技術向上に繋がれば嬉しいのですが・・どうでしょうか?

プロもアマも土をいじり形にして焼く、「陶芸を楽しむ」事には
変わり無し! みなさん楽しそうでした。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

気分転換のコーヒーブレイク


20年以上前に手に入れた置き物です。

アフリカのジンバブエ国の民族が作った物で、現地の造形アーティストが
手掛けたものらしいです。

材質はソープストーンで一見硬く見えますが意外と柔らかく細工しやすい石です。
年月の経過とともに倒れたりで、いたる所に破損やキズがありますが、
好きなんですよ。


象がモチーフ?
IMG_7826IMG_7825


人物?

IMG_7831IMG_7829
IMG_7833

信仰心の全く無い自分には到底無理な世界ですが、いつかチャレンジしたいと
ひそかに思い続けています。

造形美はオリジナルなんて無く既に自然界に存在し、生きてくうえで信仰心が
生まれ祭り崇め形に残し、自然界の一部として共存することに気付く。

欲・嫉妬心がある自分には、いつまで経ってもこの領域には足を踏み入れることは
出来ないでしょうが、いつか入口ぐらいには立ちたいものです。

大好きなガウディも同じような言葉を残していますが、デザインする上で線を描いた
瞬間から(直線だろうが曲線だろうが)自然界の模写と言うことだろうか?

それにしてもこのラインや形のセンス欲しいな~!難しいお話で恐縮です。

お付き合いありがとうございました。


_________________________________


白釉の世界

CERAMIC-STUDIO GAKU 吉田 南岳 器展

2012・6/5~6/10 10:00~18:00 (最終日16:00)

  陶遊  札幌市中央区南12条西22丁目1-1コバヤシビル1F
       011ー552ー7474

_______________________________

アピールにご協力下さい人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

お礼が遅くなりましたが、帯広「陶・食・祭」に来場いただきありがとうございました。
今年行けなかった分、来年は自分も参加して頑張ります。



海の別邸ふる川

先日お世話になっている「海の別邸 ふる川」へ出向いた帰り、久々に海をゆっくり眺めてきました。

磯辺

ホテルの目の前に広がる景観で、この時期は昆布漁が最盛期。
北海道の昆布で有名なのは利尻昆布・日高昆布ですが、ここ「虎杖浜昆布」は昆布界の
B級グルメNO1かな?(昆布巻きには最高)


IMG_6216

遠くに見えるのが室蘭で快晴時には函館方面まで見ることが出来ます。


IMG_6222

海と山に囲まれた小さな漁村の中に当STUDIOがあります。(どこかにあるんですよ)


虎杖浜神社


映画「男はつらいよ」シリーズで撮影場所になった神社もあります。
(海が目の前に広がる神社は道内では珍しいとの事)

IMG_6231


鈴を真下から見ると「何気ない中にオシャレに両サイドにハート」これはには感動ものです。
この切り込みだけの特集だけでも見てみたい気がします。


たまにはゆっくり地元の散策もリフレッシュには良いですね。



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村





この度「広報ほくれん7月号」のP24に掲載していただきました。
IMG



陶芸の道への経緯やこだわりなど書かれておりますが、ここまで詳しくは
新聞記事でもなかなか無く取材していただいた五十嵐様、本当に感謝申し上げます。

IMG_0001



ホクレン(農協)に置いてありますので是非!
(農協会員のお宅にも配布されております)

作品紹介は大歓迎なのですが、作家紹介はやはり照れますので
小さめにUPしました。悪しからず!



今日もお付き合いいただき恐縮です。
1クリック↓
人気ブログランキングへ

こちらも宜しければ
1クリック↓
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

このページのトップヘ