GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: イベント

8日9日の両日、さらべつカントリーパークで行われた〔スロウ村の仲間たち2017〕楽しく終了出来ました。
会期中お越しいただいた皆様本当に感謝致します。
沢山の作品が旅立ち又、新たな繋がりも出来たこと気持ちを引き締めて、取り組んで行きます。
B3E01174-98C7-4488-8BBC-C9F7453B3033
紅葉もとても綺麗。

さて次なる企画展
2D0C4AC4-86FA-4664-910E-0906E6C2C5B8

飯碗展が始まります!
会期が迫って焦りつつも、しっかりと取り組み来店された皆様に、新米を美味しくいただけるような作品をお見せできるよう頑張っています。

今回は新作凍裂が主体となります、是非手に取って見ていただきたいと思っています。

10月21〜29日
イル・ドーノ札幌店 11:00〜18:00 17日火曜日定休日
札幌市南区南30条西8丁目5番 tel011-582-8683


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




企画展のお知らせ
2D0C4AC4-86FA-4664-910E-0906E6C2C5B8
新米な時期に恒例になっている[飯碗展]がイル・ドーノ札幌で始まります。

12名の作家が作り出す飯碗展へ是非お越しくださいませ。

その前に一つイベントが...。
IMG_0542

10月8日(日曜日)9日(月曜日)祝日の2日間は更別村へ出没しますので、十勝方面の皆さま是非お越しくださいね。



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


9月25日ステラプレイスで開催されました、トイロさん主催の展示会、無事終了しました。
IMG_0576

30人の作家により企画展、たくさんのお客様に見ていただき心より感謝致します。
又主催したトイロ様ご夫妻、スタッフの皆様にも感謝申し上げます。

来年も開催決定とのこと...嬉しい限りです。
IMG_0577

来年は更に完成度UPさせ皆様にお会い出来ること、楽しみにお待ちください。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

9月中旬から12月初旬迄、例年の如く企画展やイベントが入っていています。

今年は新作の凍裂が、かなり主役を務めると思いますが、季節的にも合っているので、ドンドン推し進めて行きます。
という事で今日も凍裂...笑。
IMG_0486
まぁ〜茶器とつけてますが、お使いになる方の自由で、作り手が変な?拘りから茶器と付けているだけ笑。

フリーと付けると良いのでしょうが、フリーとは便利な言葉ですが、あなたは何を意識して作ったの?と自問自答したとき、やはりイメージはしっかり有るので茶器と,...。
なんか屁理屈の多い親父に成ってきている今日この頃笑。

今後のGAKUの出没先のご案内

15日〜25日 toiro企画 札幌ステラプレイス3Fチャレンジショップ(16日〜18日お店番)

23日24日 旭川陶芸フェスティバル

10月8日9日 スロウ企画 スロウ村のなかま達2017 さらべつ
カントリーパーク

10月は飯碗展が3件
11月末〜12月上旬 帯広 ギャラリー夢庵にてうつわ展と陶芸体験


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


21日から始まる幕別町に有るcafe&gallery nanakamadoさんで作品展のため、今日はせっせと搬入準備の1日。
20161019_104400

会期も変則ですので、お越しの際は確認してからお越しください。
初めての所は何処か緊張します、21日22日の2日間のみの
在廊となりますので、会場で皆さまのお越しを気長に笑、お待ちしております。

会期 10月21日~24日 10月28日~31日
cafe&gallery nanakamado
幕別町札内春日町297-24
tel0155-56-3573
営業時間11:00~17:00営業日 金・土・日・月



先日会期終了しました、千歳市に有るIldonoさんでの「16名の作家たちによる飯碗展」にお越しの皆さまご来店いただきまして、心よりお礼申し上げます。
GAKUの飯碗も何点かお持ち帰りいただきまして本当にありがとうございました。

明日は午前中の出発なので、焦らずに運転出来るので安全運転で行ってきます‼

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ