GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: > 素焼き

私が手掛ける作品は何パターンか有りますが、工程にかなりの違いがあります。
20170522_180158

こちらは造り・削り・素焼き・釉掛け・本焼きとほぼ一般的な工程です。
20170522_180219

ラインシリーズになると、化粧掛け・素焼き後のペーパー掛け・本焼き後のペーパー掛けと3工程増える、一つの技術を加わえることが、イメージに必要であれば苦に思わずやるしかない。

手間を掛けた楽しい新作が、世に出て評価され数のオーダーを貰えることありがたく思う反面、楽しさがいつの間にか流れ作業的に数をこなすことに…。

飽きる…この言葉は良い言葉では無いかも知れないが、飽きるほど仕事があること…こんな嬉しい飽きるは無いと思います。

手数を掛ける=良い作品とは全てに当てはまらないし、時間が掛かる作品=値段が高いも又当てはまらないこと自覚してます。

一番は、工程が少なくて魅力ある作品が出来れば越したことは無い、この文章を手抜きと捉えるか効率が良いと捉えるか、全くもってそんな考えでは無く、こんな作品が出来たらなぁ~♪と考えて取り組んだ結果、工程が少なかったですよ、これが一番ですね。

先人が試行錯誤して、一般的な工程(薪窯の工程は省く)が完成し、それが当たり前の現代陶芸の中で、窯の種類・粘土・成形方法・釉薬・焼成方法等まだまだ何か有る…一般的を基本と捉えて何か模索して行くことで、新たな発見が待ち受けてると思うと…ワクワクするのは自分だけかな?笑。



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日も暖かく、工房内は窓を開けないと27℃を越えてしまいます。

先日のライン酒器、素焼きが上がってきました。
20170521_172654

只今ペーパー掛けの真っ最中!
酒器以外にもマグや飯碗、カップ&ソーサーとお皿とたっぷり有ります笑。

予定では、全てペーパー掛けてきれいに洗って、本日終了…大丈夫かな?
予定は未定…笑。



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

此のところ、日中本当に暖かい…もう春だ‼

以前紹介しました看板、無事に素焼きが完成しました。
20170320_164351

作りサイズ400㎝×500㎝
ここまでの縮小375㎝×470㎝…6%の縮小率、
これから本焼きで約6%の縮小…やはり小さくなるなぁ~♪

ここからが勝負、完成まで最善を尽くすこと、気を緩めず慎重に取り組まなくては。

カップ&ソーサー展 11名の作家による企画展
3月18日~26日迄開催 21日定休日
ildono千歳 千歳市みどり台北5丁目1-1


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



ミスによる作り直し、急げや急げ!
20170314_191949

ストーブ有るお掛げ…助かるぅ~!
この時季は日中の気温が上がると、薪ストーブを焚くと室温が30℃近くまでに…我慢我慢笑。

20170314_191909

世凪シリーズの黒釉のリム鉢も一緒に焼きましょうね。いつもは冷却還元ですが、今回はチョッと艶ありを狙って酸化焼成でいきます。

確定申告も済み、何処か新たな気持ちでスタートしている感じ、今年は勝負の年に成りますね…毎年勝負なんですが、何てったって50代ラストyear、自分にケジメをつける意味だけなんですがね笑。

来年は還暦、自分が若い頃60歳の方はオヤジを越えてお爺ちゃんの領域に見えた、とうとうその域まで近づいてきたと…思うんですが、他人が見てるより本人は走ってもつまづかないし、流行りの話題にはついていってるし、脂っこいものも大好き!、終いには決め台詞のまだまだ若いやつには負けない…これ自体白旗フリフリ年寄宣言!

自分は、そんなこと承知の上で敢えて言おう「まだまだ若いやつには負けない!」…負けたくない…チョッと力抜いて…手加減してねぇ~!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日は冬に逆戻り…やっぱり寒いっしょ笑。

今日は素焼き日
20170218_105531

朝一で詰めて電気窯スイッチON、近年粘土の成分に何か入っているのか、600℃位まで白い煙みたいなものと匂いが出るので抜けるまで栓をしません。

近くに火災報知器有ったら間違いなくブーブーうるさく鳴るね…きっと?!

家庭用の小さな窯をお持ちの方は本焼きより気を使うんではないかな?

昔、粘土に硫化鉄が入っていること知らず採取して持って帰ろうとしたら、採掘場のおじさんが、「そんなのどうするの?」って聞いてきたので「陶芸の窯で焼こうと思います」って言ったら「大量に焼いたら命落とすよ!」??「何でですか?」って聞いたら「燃焼中に硫化水素が出てきてそれ吸ったらお陀仏よ‼」…ひぇ~!「まだ死にたくないっす!」と言って置いてきたたことある。

後に調べて採掘した粘土を屋外に何年か自然に置いて比重の重い硫化鉄が下の方に溜まる、この部分を取り除いて使えば大丈夫だということが分かって使い始めた。

あの時おじさんが居なければ、どうなってたんだろう?‼…何でもやってみようは自分の基本、でもね知識なくては大変なことになること、あの時気付いた‼

陶芸は化け学、ひとつ間違えるとお化けになっちゃう笑。
お後が宜しいようで…爆!

始まりました。
一輪挿しDM裏

一輪挿し展DM表_20170208113609


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



このページのトップヘ