GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:成形 > 石膏型

今日はいきなりの春!
暖かく逆にちょっと気持ちが悪いほどの天気。

以前紹介した石膏型、ちょっと作ってみました。
54A79F9F-E106-457A-A101-FDEEFD34B0B8

まだ完成ではなく、少し固まったら仕上げ削りをして、形の完成となります。
11998085-14E2-4CB1-956A-1224F770F40F

わん曲にして3点支持で立たせる予定ですが、どうなりますか乞うご期待!笑

大きい方はフォークとナイフのレストで、小さい方は箸置きの予定です。

来月の企画展が箸マクラ展...どうもこのところ小さい作品の展示会が続くなぁ〜!

まぁ〜小さくても手抜きはせず、真心込めてですかね笑!

今月中に納品の盛り鉢未だ目処がたっていないが、今日の本焼きでそろそろ見える予定でいますが...?

先方様も待ちくたびれるしよ…そうだねぇ〜!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

企画展に間に合うか分からないけど、箸置きの型を作りました。
78526C46-07EF-48B5-8C4E-CE7AF2A1D0A9

昨日のフリーの形からうって変わって、同サイズの複製用の石膏型です。

もう一つはクラフト作家の中間からのアドバイスで取り組んだもの?!
CE40E7D4-1A87-4D6E-9699-84C2C536A1C1

こちらは出来上がりはお楽しみに!

思い込みで思考回路が固まっていたところへ、SNS繋がりの仲間からのアドバイスには本当に感謝です。

ネットでサイズを調べ初めて取り組むデザイン、まぁ〜何でもトライすることに意義があると...。
完成したらお披露目します!

明日は今一番頭を抱えている難問が窯から出ます、進展するヒントは果たして貰えるだろうか?!
知識と技術をフル回転して取り組んだが、さてさてどうなりますか、心配過ぎて開けるの怖い...そこまでは無いか笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日はどんよりな天候、これから雪らしい。

20170118_134606


良く使う石膏型、空気を入れないようにひたすら粘土を押し込んで、カパット外す。
最初の頃は要領がつかめず空気が入ってブクブクに成ったり、粘土の繋がりが悪くキズみたいに成ったりと
NGの連発…創意工夫は大切で、バイブルもない中で成功の確率を上げること、頭の中の多種多様の歯車を組み立ててこれならどうだろう?と何度も繰り返すこと、それを実践して失敗して得たノウハウを更に工夫してと…もの造りってだから止められない笑。
20170118_134714

こう見ると粘土って小さくなるね…焼き締まること実感!20170118_134831



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

昨日の天気が嘘のよう…豪雨の白老町

今日と明日虎杖浜神社祭、上の孫出店楽しむため雨のなか、行ったっきり戻ってこない…子供なパワー凄し!

20160702_163939
今日の作業は石膏型での楕円鉢作り。
20160702_165038
最後の口元処理をして完成です。

板作りでの型起こしは手順が多く、石膏型にのせるまでが手間が掛かるが、重ねがきいたり使いやすいことを考えると、石膏型は外せない。

今日と明日お祭りを味わうことなく、型起こし日となりそうです笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


陶の路プロジェクト第二弾募集!


昨日、少し大きめの一個挽き用の石膏型を作りました。
20150208_114458_Richtone(HDR)

100円shopのプラスチック製植木鉢の受け皿を今回は使ってみました。カリ石鹸(この頃食器用洗剤で代用してますが)を一切塗らなくてもきれいに取れました、この方が表面がツルツルで何か嬉しい。
何でもセオリー無視はしてみるものですね。

800㏄に石膏1200㌘少し柔目でやりましたが、気泡が抜けやすく個人的にはこれで良しかと思います。

厚さ2.7㎜直径27㎝が完成。1つしか買ってなかったので時間が掛かる、やっぱ5個買っとけば良かったかな!買うときは?で買ったので、ダメなとき考えてしまったのです。

先ずは10個作り、時間を見つけもう10個を作ろうと思います。
100円shopに感謝致します。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ