GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 失敗

制作段階で1番辛いのがこのパターン!
775A3B7D-E2E8-4A66-9536-8A728B640982

完璧!と思いひっくり返す...あらら?!
9BF816EC-1790-46E3-8797-90341E211E58

きっと素焼き段階でキズが有ったはず、見逃したためガッカリ度数⤴︎、仕方なく自宅用にとなりました。

その日の夕食、チャーハンのせて見たら色合いが良く(画像撮り忘れ)こいつは我が家で活躍してくれる事でしょう。

我が家の器、不憫な子たちの生き甲斐の地、この世に出した私が責任を持って活かしてあげます。

他の陶芸作家さん家の器は我が家と同じかな?


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このところどうもミスが多い!
7C91EF54-36F3-4F5F-94AE-0F4EA8A99F98
これもサイズ間違いで作り直しました。

以前のサイズはトンボを作っていたので、何も考えずトンボの通り製作し、完成して発送したところ、先方から前回より少し小さいですよと...。

何が違った?...今回はトンボを少し大きく作っての製作、今度は大丈夫でしょう?!

連チャンの企画展続きで、あれもやってこれもやってと頭の中が渦巻き状態...これじゃトンボの指先ぐるぐると同じでしょ笑!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

2日前に蓋物のオーダーに取り掛かったのですが、削りも終えて普段通りに乾燥に...やってしまった!

そう言えば片耳付けるオーダー...ぎゃっ、気付いた時には遅し、いいだけ乾いてた!
E5C75202-E20A-4CC9-9BA6-6F77BDB8EE6E
やむなく作り直しと相成りました笑。
この頃、忘れん坊さんになってちょこちょこ凡ミスが目立って...歳のせいにはしたく無いが、頭の中に有る資料そろそろしっかり紙かPSなんかにデータ残さないと、本当に忘れてしましそう笑。

ミスったものは壊さずに、蓋も使って製品にします。
この蓋物、蒸し碗なので蓋を乗せて焼けない、蓋は蓋で焼いて最後に乗っけるので、本体と蓋のどちらかが歪んだらアウト!結構難題ですが、多目に使ってクリアしなくてはいけない。
酸化焼成なので歪みは少ないと思いきや、片耳が付くので意外と歪みが出て、蓋の擦り合わせに隙間が出てしまいます。
又、お店のオーダーなので、どの蓋でも合わなくては成りません...愚痴を言ってる暇があったら作りなさいと...。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

昨日は江別セラミックアートセンターへ、企画展2017「凍土会展」の初日の当番日。
IMG_0007

終了後は総会と講義、帰宅したのが22時となりました。

今回の企画展に出展するはずが....⤵︎
IMG_0004
見事にヘタヘタと笑、
IMG_0006
雪庇になっちったよ笑!
自作粘土の難しいところかな?

いつもの事ながら、学ぶこと多いっす!

お近くの方会期が有りますので、是非足を運んで見て下さい。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いします にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



今日はどんよりな天気。
世間ではGW、皆さん満喫してくださいね‼

GAKUはいつものお仕事です笑。

本題の失敗から学ぶ…。20170501_114943

サイズが大きくなると出来るものも出来ない‼
20170501_114928

20170206_232428

本来はキレイに成るはずが…。
20170501_114910

底板が潰れた!笑。
冷却還元の怖さを思い知った結果です。

厚さを小さい時と同じにしたことが、失敗の原因の一つと考えられる。
軽くしたい…この事が粘土には耐えられなかったのかな?

そこで学ぶ…作りを厚くするか、フラットに置いて焼くことを止めて、他の方法をとるか…いろいろと考えて取り組まなくてはいけない。
粘土の熔落率を踏まえた考えでいかなくては、成功率を上げること出来ないのか…うぅ~ん考えるなぁ~♪

試行錯誤とよく言うが…目標がある以上試行錯誤を嫌わず好きになってこそ達成できること、今まで何度も味わった。
今回も少し時間が必要かな!笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ