GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:報告 > 四字熟語

四字熟語「 破顔一笑ーはがんいっしょう」

顔をほころばせて、にっこり笑うこと。

笑うことで陽が集まってきますように 願!・・GAKU


企画展も残り2日となりました。
昨日お越しいただきました、みなさまありがとおうございました。



午前中に素焼きの窯開けしました。(運命の瞬間!)

結果報告!4枚のプレート・・・・・・無事
       表札 1個・・・・・・・・・無事
       四角小皿 4枚・・・・・・無事
       花器 3本・・・・・・・・・無事
       鉢 大 2個・・・・・・・・無事

修正箇所をペーパー掛けし、きれいに洗い、
割れ・欠け確認したところ、焼いた作品全てOKでした。(やったぁ~)

素焼き

素焼き

造り寸法 縦23cm×横40cm 素焼き上がり 縦21.5cm×横37cm
現段階まで約6.5%の収縮率で本焼き完成時の50%です。

昨日、blogにて割れたら恥ずかしいので、報告無しで笑ってくださいと
記しましたが、報告できかなりホッとしております。(恥じかかなくてよかった!)

皿類は立てて焼く方が、成功する確立高いと再認識しました。
このサイズで厚さ6mmで成功は、今まで無かったこと、後は最終焼成の
本焼きへトライしますが、完成まで気を抜くなです。

素焼き

表札もバリなどをきれいに処理しました。

乾燥後、全て施釉して出来れば明日本焼きしたいと思っています。
今日の窯出しは破顔一笑でした。



1クリックでこの話は完結人気ブログランキングへ




1クリックでこの話は完結にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

おかげさまでSTUDIO GAKUも3周年を迎えます。
日頃の感謝を込め、3周年記念を開催いたします。

期日:3月30日(土)~4月10日(水)
ところ:STUDIO GAKU

お買い得品ご用意してお待ちしております。

四字熟語「亡羊之嘆ーぼうようのたん」

分かれ道が多くて、逃げた羊を見失ってしまった嘆き。
学問の道が複雑に分かれていて容易に真理を
きめられないこと。
また、方法に迷い、あれこれ思案に暮れること。

ターニングポイントになり得る路、迷いますね!・・GAKU



ただひたすら、オーダーをこなす日々

プレート2

料理人が盛り付ける風景、それを美味しそうに食すお客様、
器も一つの料理と考え、双方に喜んでいただけたら幸いです。

プレート1

クラックのリスクが多い作品ですので、多めに造りますが、
目標の数量が完成するのか不安はありますね。



とにかく今季は全国的に寒波続きですので、皆さんインフルエンザなどには
くれぐれも気をつけてくださいね。





1クリックでこの話は完結人気ブログランキングへ




1クリックでこの話は完結にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「経世済民ーけいせいさいみん」

世の中を治め、人々の苦しみを済(すく)うこと。
「経済」の語はこの語から生まれた。


政治家・官僚の中にこの志を
持った人ははたして何人いるんだろう?・・・GAKU



先日、取引先の陶人社さんで行われた「陶人社感謝祭11周年記念」
イベントの穴窯作品が届きました。

今回は何もお手伝いできず、陶人社Sさん「本当にごめんなさい」

蒔き1

「いやぁ~いんでないかい!」「なまらいんでないかい!」
今回抹茶碗をお願いしましたが、程よい灰被りが観られ
景色が出て全体にやさしい感じに仕上がってます。

特徴は、作品重量で169gとかなり軽いです。
直径15.2cm 高さ7.5cm この数値からしても軽すぎ?

本来なら抹茶碗は程よい重さが必要と思いますが、
何故軽さを追求?・・・・・・現代陶芸の一つの形

伝統の茶道の道具である茶碗、更に伝統の穴窯による焼成作品
どれとっても「伝統」に囲まれている、伝統を守り続ける一流作家がいる、
私はそんな立派な人間では無い、だから自由に造り現代を意識して
取り組んでいます。

ある方の言葉で「伝統を守るとは、ただ先代の技術を守り続けても
時代に取り残され衰退していく、受け継ぎ代を続けるということは
壊していくことで、伝統を守ることができるのだ」と深い意味で
語られたことがとても印象に残っています。

時代にあったものを提案すること、「軽い」もその要素が
あると私は思っています。

蒔き2

こちらも届きました

蒔き3

残念ながら焼成中にお見合いしてしまい、割れたしまいました。
景色がものすごくいい感じですが、残念!
これも陶芸の世界、この作品の運命でしょう記念に飾っときます。

記念行事に携わった皆様に感謝いたします。
Sさん、次回があれば今度はしっかりお手伝いに行きますね。



ブログランキングに1アシストおねがいします人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


四字熟語「念力徹岩ーねんりきてつがん」

「念力岩を徹す」と読む。
不可能と思われるようなことでも、
真心をもって一心不乱に事を行なえば、
成らぬことのないたとえ。

真心、大事です・・・・・・GAKU


先日、新たに完成しました「沫雪」菓子鉢

IMG_8574


中の縮れも程よくでました。
IMG_8572


今まで何回本焼きしたことか、最高で一年360回焼いたことが
あるが(複数台の窯)、当時は商品をひたすら焼くことに精を出し
ワクワク感があまり無かった記憶がある。

トータルしたら、およそ5000回以上は焼いたと思いますが、
その中でワクワクしたのは、新しい取り組みにチャレンジしたときです。

釉薬を初めて作ったとき、炭化焼成を初めて焼いたとき、
採取した土での焼きなど沢山あるが、いずれも「おぉ~!やった~!」
と思ったことが無い。

大半が「あれ?こんなはずじゃ無い!」と殆どが火の神に付き返される!
諦めるか否かは本人次第、今日の四字熟語じゃないけれど、念力徹岩の
思いで向かえば、火の神もご褒美をくれる。

よく言う「失敗は成功の元」は成功するには、その失敗を観察する知識と技術が
要求される、知識は書物や先輩作家からだけでは無く、実体験こそ大切と
思います。

「なぜ?」から始まり、「やったぁ~」と成るために基本を考え直しリトライする、
その繰り返しが「知識と技術」の一体が身になると、私は実感してます。

まだまだ修行の身、念力岩を徹す精神でチャレンジだぁ!


応援の1クリックを人気ブログランキングへ




こちらもよろしければにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ




このページのトップヘ