GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:失敗 > ミス

鎌倉での個展を終えてのんびりとはいきませんね。

やる事たくさんで制作しなくては…お待ちの方に申し訳ありません。

制作過程でいくつもボツになるものが生まれる。
削りの時、素焼きの時、釉薬掛けの時、本焼きの時と全ての工程をミス無く通過しても生まれるもの!
31511C77-D974-4E90-809D-85DC5C77CF91
上から見たらどこがミス?

708613FF-4059-4242-A009-B1A0882DDD12
そう歪み

BC03E7DA-DEE2-4B23-8FDB-3E25C85EF62F
こちらはわずかですが変形

B1A40791-1ED0-4F7E-A2AC-19119F2EF64A
変形による歪みの隙間が…。

最後の検品の時見つかる一番悔しいやつ!
実は最後と言うより最初の作りが原因、中心を外して作った為に最後にバレる!笑

使えない事無いけど、やはり正規品としては出せません、殆ど家で使うか生徒さんにあげちゃいます!

厳しい目を持つことは大切ですよね!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



茶杯の釉掛けでのミス!
D760CD03-F263-4477-BAE2-B9BEADF423DE

釉バサミで気持ち良く釉薬掛けてたら…あっ!

穴が開いた!挟んで力入れたら…どう見ても薄過ぎでしょ笑。
破片が釉薬のバケツの中へ、明日でも漉して見つけなきゃねぇ〜。

昨日は陶芸講習会を実施、江別・恵庭・千歳の女子3名が遠いところ来てくれました。
ロクロ編やタタラによるプレート作りの実演、ここはこうした方が良いとか、いろいろ質問に答えながらの講習、動画でしっかり撮って行かれました。

合間に近くの海へ流木や貝殻拾い、その足で近くの山へ親水公園で湧水を呑み、近くに出来たナチュの森なる公園へ息抜き…小雨が降って来たので洗った素焼きを外に干している事に気づき慌てて戻った、息抜きの方が長かったかも笑!

久し振りの陶芸話、いなぁ〜楽しかった!
長話で予定より遅くなってしまって、皆さんごめんなさい!

時間が足りなかった感が有りましたので、第2弾もやらねば笑。

いつか3人がプロの道へ進むかもしれない、茨の道になる事は間違い無いが、メゲズに使い手に喜んで貰える器を提案して行ってもらいたい!

いつか本人たちが教える立場になって、今日のような風景を思い出し自分も成長したと自分を褒めてあげて欲しい!



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

制作段階で1番辛いのがこのパターン!
775A3B7D-E2E8-4A66-9536-8A728B640982

完璧!と思いひっくり返す...あらら?!
9BF816EC-1790-46E3-8797-90341E211E58

きっと素焼き段階でキズが有ったはず、見逃したためガッカリ度数⤴︎、仕方なく自宅用にとなりました。

その日の夕食、チャーハンのせて見たら色合いが良く(画像撮り忘れ)こいつは我が家で活躍してくれる事でしょう。

我が家の器、不憫な子たちの生き甲斐の地、この世に出した私が責任を持って活かしてあげます。

他の陶芸作家さん家の器は我が家と同じかな?


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このところどうもミスが多い!
7C91EF54-36F3-4F5F-94AE-0F4EA8A99F98
これもサイズ間違いで作り直しました。

以前のサイズはトンボを作っていたので、何も考えずトンボの通り製作し、完成して発送したところ、先方から前回より少し小さいですよと...。

何が違った?...今回はトンボを少し大きく作っての製作、今度は大丈夫でしょう?!

連チャンの企画展続きで、あれもやってこれもやってと頭の中が渦巻き状態...これじゃトンボの指先ぐるぐると同じでしょ笑!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

2日前に蓋物のオーダーに取り掛かったのですが、削りも終えて普段通りに乾燥に...やってしまった!

そう言えば片耳付けるオーダー...ぎゃっ、気付いた時には遅し、いいだけ乾いてた!
E5C75202-E20A-4CC9-9BA6-6F77BDB8EE6E
やむなく作り直しと相成りました笑。
この頃、忘れん坊さんになってちょこちょこ凡ミスが目立って...歳のせいにはしたく無いが、頭の中に有る資料そろそろしっかり紙かPSなんかにデータ残さないと、本当に忘れてしましそう笑。

ミスったものは壊さずに、蓋も使って製品にします。
この蓋物、蒸し碗なので蓋を乗せて焼けない、蓋は蓋で焼いて最後に乗っけるので、本体と蓋のどちらかが歪んだらアウト!結構難題ですが、多目に使ってクリアしなくてはいけない。
酸化焼成なので歪みは少ないと思いきや、片耳が付くので意外と歪みが出て、蓋の擦り合わせに隙間が出てしまいます。
又、お店のオーダーなので、どの蓋でも合わなくては成りません...愚痴を言ってる暇があったら作りなさいと...。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ