GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:教室 > 体験

今日は午後から体験の常連さんが、新たなお友だちを連れて体験に来られました。

20160908_173319
笑い声が耐えない仲良し4人組

皆さん、お預かりした作品しっかり仕上げますので、楽しみにお待ちくださいね。

20160908_173425
昨日の飯碗の削りも進行中。

これから夜半にかけ大雨注意報‼もう雨は勘弁してほしい…どないなっとる北海道笑。
今回も道東方面が…前回の台風の雨の影響もあるので、少しの雨でも土砂災害が懸念されますね。

道東の皆さん、早目に避難してくださいね。
想定外って言う災害が多くて…本当に異常です今年は‼

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は25年間お世話になった「はしもと陶芸」へ小学生の修学旅行の体験のお手伝いをしてきました。

20140717_111456

体験施設では、北海道で一番大きい施設だと思います。夏休み前の最後の体験、2校の指導にマイク片手に奮闘してきました。

20140717_112026


夏休み開け迄、当分体験はお休みになり、本業に精を出せます。

20140717_111501


隣接して珈琲館もあり、自家焙煎コーヒーを飲む事ができ、飲食の器は全て作家さんの器を使っていますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいね。



応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

四字熟語「規矩準縄ーきくじゅんじょう」

物事の基準となるもの。法則。手本。
「規」は円を描くぶんまわし。
「矩」は方向を描くさしがね。
「準」は水平を計るみずもり。
「縄」は曲線を試すすみなわ。

今で言うなら、「規」はコンパス、「矩」は定規、「準」は水平器(水準器)
「縄」は、雲形定規?描く基準・計る基準。
陶芸のトンボは、基準でもあり、手本でもある・・・・GAKU


昨日と今日と二日続けて「海の別邸 ふる川」に宿泊のお客様が
陶芸体験に来られました。

体験

本日のお客様、ご家族4人でビアタン2名・カフェボール2名様です。
「家族で一緒にもの造りをするのは初めて、記念になりますね」と
楽しみながら、「大きくない?」「広がり過ぎたぁ~」などなど、
私の微力な陶芸技術でも、家族の想い出作りにお役に立てた
こと、嬉しくなりました。

「本当にもの造りって楽しまなくては意味が無い」と再認識です。(笑)



1クリックでこの話は完結人気ブログランキングへ




1クリックでこの話は完結にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ