GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ:粘土 > 大滝土

昨日ロクロ挽きした作品、今日削りました。
F466CE67-F397-4ED1-BECC-6F9CF68B6CC1

削った後、カッターでのカッティング、カッターを持っている人差し指が痛くなりました。

完成はこちら
5A887717-BBDD-4ADE-B4F7-81FD9C307C13

本焼き後、上絵具を一度全体に塗りその後スポンジで綺麗に拭き取り、800℃で焼き付けて完成です。

自作粘土の効果は、釉薬の付きが濃くその結果縮れとピンホールが市販の粘土よりハッキリと出ることです。

自作粘土を使う意義とは、他には出せない風合いを求めた結果即ちその粘土の効果を最大限に引き出すことと思ったいます。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



自作粘土の飯碗
54801B9A-C298-4653-8F7C-1D552F9BC355

車で40分ぐらいの所にある粘土、この一帯は温泉が近くにあり、熱水作用によって粘土の出来るタイムをワープしてあっという間に粘土に...。

本来なら自然風化でゆっくりと進む粘土化がベストでしょうが、こういうワープ粘土の中には癖があって面白い粘土も有る、この大滝の粘土もその一つかも知れません。

とは言っても熱水作用で出来た粘土でも、それなりの時間は必要で、早すぎるものは硫化鉄を含んでいて、焼成段階で硫化水素となり大気中に...俗に言う混ぜるな危険って何処かで聞いたことありますよね?これになります。

温泉によくある硫黄、簡単に言えば粘土に硫黄が混ざっていると考えて下さい。


大滝の粘土はかなりの時間を経過し地上に隆起しているので、雨風の影響で焼物には悪い成分が少なくなったと思われます。
自作粘土を作ると言っても色々な成分や粘性など癖があるので、自分に合った杯土にする楽しみもあり、先人の陶工は現代のように化学的に調べる事が先ず無かった中で、試行錯誤して見つけたこと本当に頭が下がります。

今回の飯碗はシリーズの中で雪氷の赤バージョンになり、自作粘土を使うことの意義...他に無い風合いを出す、これしか無いです!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


今日は北海道の太平洋側でも結構な雪が降ってます。
朝一で雪掻きし、夕方で2度目更にこれから軽く3度目と、さすが2月は本格的な雪シーズンです。

企画展が迫って来ている中、黙々とろくろを挽く事が出来ず、いつものことながら綱渡り状態!
ここまで同じ繰り返しをする事は、別な自分にならない限り無理かと思うようになってます笑。

1D9B78D1-CB4A-4407-97E5-C3F54F8585F6

豆皿展...間に合わすぞ絶対!...お尻に鞭とお尻に火が点いている、急げや急げ!

片方の作品、どう見ても皿には見えないが、まぁ〜ちょっと深めの豆皿ということにしましょう。


fbにUPしたwishのアプリの件、あくまでも自己責任ということでお願いしますよ!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は天気も良く日中は暖かかった。
午前中、チェンソーで丸太の玉切り作業して、斧を振りかざして薪割り...疲れ過ぎた!

歳とは言いたくないが、昼の休憩時間長くして体力回復に充てた...笑。

さて今月末迄に納品しなかてはいけないぐい呑、札幌東急百貨店さんの新年福袋の追加用です。
7393BEA9-5E93-4D31-8C15-D774E61DDE3B

追加がある事に感謝ですね!

このところ凍裂の黒ばっかり制作していたので、ちょっと新鮮な感じ。

お待たせしている方々に、少しでも早くお届けしなくては申し訳ないのですが、もう少しお待ちください。

午前中の薪割り...焼物屋では穴窯や登り窯用の薪と近所で思われているかな?...ただの薪ストーブ用、薪用の窯なんて何処にも無いのにねぇ〜!笑。

でもいつか時間とお金が有れば、自作粘土で焼いてみたい気持ちはあり、時期が来ればチャレンジしますよ!


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


昨日から真夏に突入…暑い!

20170707_162930
お待たせしておりますオーダー、本体が自作粘土で高台が市販粘土。

別々に素焼きをした後、釉薬で合体させて仕上げます。難しいのは、合体時に水平をとらなくてはいけないこと…無視してやっちゃうと殆ど斜めに笑。

別々にする利点は、本体と高台の色分けが容易に出来ることが一番かな?
接着能力は大丈夫?と思う方いると思いますが、高台の削り効果で、本体の重量で高台が開きしっかりと密着してしまうのです!…すごいでしょ笑。

点の接着なら心配ですが、面の接着ですからね‼
別に同じ粘土の作品でも、後付け高台の技法の1つに考えても良いのでしょうね。
難しい高台で無ければ、素焼き前の接着で充分かと思いますが笑。

ちなみに完成はこんな感じ。
20150918_104232_Richtone(HDR)

いつもは抹茶碗で作りますが、今回は創作和食のお店の依頼なので、盛り鉢のご希望です。
これで料理が出されたら嬉しいなぁ~♪

納品が終わったら、お店もご紹介しますのでお楽しみに…。

さて明日と明後日は、北海道で一番大きい規模のやきもの市が江別で始まります。
プロアマ合わせて300店舗以上、残念ながらGAKUは出ませんが、陶芸仲間がたくさん出展しますので、焼き物ファンは行かなくては行けませんよ‼

暑くなるようなので、出展者もお客様も水分補給はしっかりと取ってくださいね。
陶芸仲間の売上たくさんあること…祈ってます‼

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ