GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: > 電気窯

今年のお盆は天気が良くない‼
皆さんのところはいかがでしょうか?

帰省し、お墓参りを済ませ、久し振りに会う家族や友達と楽しく過ごしていることと思います。
私はずっと地元なので古里へ帰省する経験がありません‼…貴重な存在で絶滅危惧種に認定、外来種にはめっぽう弱い‼笑。

さて、本題に移りますが…。
20170811_140910
こちらが冷却還元の本焼き画像、これはこれで完成しても良いのですが、新シリーズの凍裂シリーズが次の画像です。
20170814_100805
酸化焼成で再度本焼きした画像です。

明らかに釉調が変わります!
土肌も画像の左上に有るフリーカップを見ると、1枚目が茶黒なのに対して赤茶に変わってます。
釉薬も含め変化することは間違いないのですが、理論的には全く分かりません。知識をお持ちの方なら即答出来るのでしょうが…私は無理笑。

言えることは、この変化を見逃さない眼を養うことが何か新しい発見に繋がると思います。…まぁ~これも多分大した発見ではないかもしれませんが、自分にとっては今は大切なんです!

20170811_140847
カップの画像
20170814_100852
表面に縮れが出てます!

2度の本焼きは、確かに経費や労力は掛かりますが、やる価値は有ると思い取り組んでいる状態です。

時代の移り変わりで、窯の構造や燃料の推移で焼成も失敗が少なくなり、その中でも電気窯のマイコンなるハイテク装置の出現でその確率が俄然上がった!
簡単に言えば誰でも焼ける窯の誕生と言っても間違いはないと…。

私もそのハイテクの恩恵を実感している一人です笑。
ただその中でオリジナリティを出したいと願うことが便利ツールを意図的に不便ツールに使い分けているだけです。ガスを使っての冷却還元、更にそれをもう一度酸化で焼くという???中で模索しています。


陶芸の技法は沢山有るなかで、焼成の技法もまだまだ未知数だと…。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



昨日の雪が今日の陽射しで、あっという間に地面が見えてきた。

先日の白一色の作品が完成しました。
20170331_175412_Richtone(HDR)

汲み出し碗で色合いや風合いがベスト、最高温度迷ったかい有りました。
20170331_175519_Richtone(HDR)

沫雪のネーミング通り…嬉しいですね!

ここで企画展のお知らせ
4月5日~11日迄
「吉田南岳 作陶展」
DAIMARU札幌7F和食器売場
全日程在廊

今回の沫雪や世凪ぎの黒の新作等、見所有ると思ってますので、お時間を作って是非見に来てください…お願い致します。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は久し振りに寒いです!

昨日の素焼きに施釉です。
20170321_182243

丸い部分は半透明釉を掛け周りは透明釉を吹き付けしました。
さぁこれから本番、窯さん頼みますよ!
本焼き迄いけると、最後の文字の金彩で焼き付けて完成…緊張の連続!
20170321_172735

青の下絵付けで文字をハッキリさせ、カタカナの方は文字を青色と変化をつけました。
20170320_164351

前回の素焼き、逆から見たら手順が分かるね笑。

始まってます!
カップ&ソーサー展 11名の作家による企画展
3月18日~26日迄開催 21日定休日
ildono千歳 千歳市みどり台北5丁目1-1

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



此のところ雪が降らず、このまま春に成るのだろうか?

20170315_132726

シンプルな白、料理下手な私はどのような料理を盛付けると楽しいのか、一番の楽しみを知りません。
フラットなお皿って、家庭ではたくさん有るものではないと思うけど、一つ有るときっと料理が映えるように思うのは私だけかな?笑。

ディスプレイで何を載せたら良いのか分からず、近くの海岸で拾ってきた貝殻を…これはこれでチョッとは絵になると笑。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日は冬に逆戻り…やっぱり寒いっしょ笑。

今日は素焼き日
20170218_105531

朝一で詰めて電気窯スイッチON、近年粘土の成分に何か入っているのか、600℃位まで白い煙みたいなものと匂いが出るので抜けるまで栓をしません。

近くに火災報知器有ったら間違いなくブーブーうるさく鳴るね…きっと?!

家庭用の小さな窯をお持ちの方は本焼きより気を使うんではないかな?

昔、粘土に硫化鉄が入っていること知らず採取して持って帰ろうとしたら、採掘場のおじさんが、「そんなのどうするの?」って聞いてきたので「陶芸の窯で焼こうと思います」って言ったら「大量に焼いたら命落とすよ!」??「何でですか?」って聞いたら「燃焼中に硫化水素が出てきてそれ吸ったらお陀仏よ‼」…ひぇ~!「まだ死にたくないっす!」と言って置いてきたたことある。

後に調べて採掘した粘土を屋外に何年か自然に置いて比重の重い硫化鉄が下の方に溜まる、この部分を取り除いて使えば大丈夫だということが分かって使い始めた。

あの時おじさんが居なければ、どうなってたんだろう?‼…何でもやってみようは自分の基本、でもね知識なくては大変なことになること、あの時気付いた‼

陶芸は化け学、ひとつ間違えるとお化けになっちゃう笑。
お後が宜しいようで…爆!

始まりました。
一輪挿しDM裏

一輪挿し展DM表_20170208113609


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



このページのトップヘ