GAKU blog 新たな白釉を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 酒器

今日、朝から孫の野球試合の応援と言うかお手伝いに、歩いて3分の所に有る小学校のグランドへ…。

石灰のライン引きのお手伝いが終わって、今度は内野手の練習にシートノック?!…おいおい何十年振り!昔とった杵柄とはいえ、何も練習してない60歳に両足突っ込んでるおじさんだぞ‼

今日はお手伝いの累審だけと…違うの?
断れなく…まぁ~昔とった杵柄の虫がそんなの簡単だよと囁きやがったもので、知らずのうちに手にバッド持ってた笑。
思った通り1球目空振りの醜態…ところが2球目から真剣モードのスイッチ入ったら、おいおい良いんじゃない!技術は間違いなく落ちてるが、身体が覚えてるって凄し!5分10分やってるうちに、どこか様に成ってると思い込んでる自分がいた笑。

のって来たついでに最後はキャチャーへのフライ、やったこと有る方は難しさは知ってると思いますが、真上に打ち上げる難易度の高いやつを…奇跡!見事に成功イエーイ!
1試合のみ累審して仕事に戻りました。
孫のチーム2試合とも勝ったようで、お手伝いに行った甲斐ありましたね。


お昼前に戻り仕事場へ、素焼きを出して施釉の準備して、納品日が迫ってる作品の釉薬掛けと頑張った1日でした。
20161002_215800
黒釉の施釉後、こし餡みたいな色合い笑。

今日1日では終わらないので、続きは明日に持ち越し…2窯分もあるし、体験作品も有るので思いの外時間が掛かる。
お待たせしている作品も少しづつですが、完成していきますのでもう少し時間の猶予を下さいませ。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

陶の路プロジェクト第二弾募集!

20150612_173755

何気なくひっそり静寂の時を刻む…。
こんな静けさも嫌いじゃない。

新たな作品が生まれる前の!静けさであってほしい。
沫雪とは全く違う顔に成るであろう、土の塊からの変貌。
焼きが織り成す幻彩シリーズ、全ては炎に委ね自然体の完成品、いつ目の前にその姿を表してくれるものなのか!予想はつかない。

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


このページのトップヘ