GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 企画展

一昨日のホテルAYA NISEKO 内Kyoe GalleryNisekoへの搬入後、昨日 担当から展示風景の画像が届きました。

2A1BCB25-8CF9-4C37-AB6E-4E7A58C33B33
作品に合ったディスプレイ…今後参考にしたいと思います!

作品の風合いをより引き立ててくれている、シックと言う言葉が適切かな?
凍裂の縮れ、明るくすると光の反射でシルバー色になる、本来の黒っぽい色調がなかなか演出出来ないで悩んでいたけど、ライティングをあえて落とすことで、作品本来の色合いが鮮明になる事…これからの展示に活かしていけます!

ディスプレイ1つで作品の品格を上げる、大切な役割を今更ながら気付いたGAKUです!

ニセコはこの時季ウィンタースポーツ以外は興味ないかも知れませんが、ニセコに行かれる際は是非AYA NISEKOへ寄って見てください。

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ


明日から12月、今年も残すところ31日のみとなりましたね!

12月3日〜9日まで帯広へ企画展の為出向いて来ます。
今日は搬入準備でケース4個になるかな!
あとは栞追加したり…これこれ笑。
8A263C9D-A6DF-4064-939C-4D46E80D191A
紙袋にタグ貼り作業!

少しでもオシャレに成ればと、せっせと貼っています笑。
この作業単調だけど以外に好きで、きれいに真ん中に貼れたら嬉しくなります。

作品をお客様に手渡すまでは自分の作品、良い物を手渡す心を忘れてはいけませんね!
包装資材って大切で、間違っても新聞紙でくるんでレジ袋はご法度ですね。
何故なら作品の価値観を自ら下げている、簡単に言えば「私はこんな物しか作ってませんので」と自ら言っているようなもの、一生懸命作ったならそれなりの袋に入れて手渡しましょうね笑。

後は今日の本焼きの作品が良い感じに上がったら、搬入当日仕上げてケースに詰めて終了となります。

今日の窯の作品は帯広限定品!
これ以降作る予定はしていませんので、帯広の方はラッキーですよ笑!

Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

北海道にとうとう冬が到来、各地で雪が積もって交通事故も起きてます。

昔から好きな形がある。
5FE9913B-9217-4087-AC6C-E6B91DC395F7
片口鉢

理由はこれと言ってないけど、強いて言えばフォルムが好き!

今回は帯広の企画展に間に合えば持っていきます!
どちらかと言えば限定品に近いかな?


会期 12月3日(月曜日)〜9日(日曜日)
会場 ギャラリー夢庵
〒080-0015
帯広市西5条南11丁目26-3
TEL 090-8272-7915
詳しくは…http://gallery-muan-obihiro.com/



Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

三越札幌さんでの企画展も3日目となりました。
C2A1E958-A78C-489E-8E54-93CE041D954B
新作の茶器が並んでいます!

4593216D-1F60-4D7D-BC7B-FD4DB89E8508
小丼を真上から…縮緬がハッキリ!

F158F428-847E-4860-8E71-2B71A18F2696
台座角プレートこちらも初展示です

三越札幌8F和食器売り場にて、25日迄開催しておりますので是非お越し下さいませ!

毎朝、連日の好天に感謝しながら地下鉄北18丁目から通勤してます笑。


応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ



札幌は初秋ですね、風が冷たく感じれられるようになりました。
昨日から三越札幌さんでスタートした企画展が2日目に突入!
6095CF4B-B4B0-4921-A171-3D42933875BB
展示の様子

胆振東部地震の影響を心配していましたが、やはりお客様の入りが少ないようです。
贅沢品は…という意識は震災の後は仕方がない事と思います。
2年前も三越札幌さんでは、オリンピック・台風・選抜高校野球での北海高校決勝とトリプル、何か縁が有ります。

今回は割り切って少しでもお買い上げいただけるように、頑張るのみ!

応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ