GAKU blog 新たな作風を求めて!

吉田南岳が手掛けるCERAMIC-STUDIO GAKU

カテゴリ: 令和

新しい年号「令和」が始まりましたね。

平成は災害が多く、国民は心を痛めた時代!
令和は、少しでも幸せと感じる時代であって欲しいです!

GAKUの令和は、更にステップUPの時代にしなくてはいけません。
008E0C3D-0278-4E5D-A412-981C90DAF44E
ステップUPの為には…ミスを減らすこと!
釉薬の濃度、濃度計を使っていても完璧にはなかなかいかない、窯の中の温度や還元の濃度やいろいろな条件が良い条件に成らなくては、安定はしないこと。

LPガスでの還元の欠点は、ガスに含まれる水分が作品にかなり影響します。
上の作品は、その水分によるピンホールが影響したと考えてます。(釉薬の濃度が一定の条件の時)

窯の中で最初にガスが入る側に、特に影響が出やすいので、なるべくその部分には作品を置かないようにしています。

今回は助かってくれればラッキー!ぐらいの気持ちで入れましたが、やはりラッキーにはならなかったですね笑。

目標は下の写真ですが、人によっては上のクレーターの方が好きと言われる方もいます。
好みって本当に良くわかりませんが、自分の目指す作品は…やはり下の作品です。

GWも気付いたら中間地点に、このところ天候が余り良く無い北海道、風邪などひかないように、上着一枚持って出かけて下さいね。


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

今日はお日様が出て暖かくなったかと思えば、雪が降ってあっという間に積もってしまい、陽が出たらまたまたあっという間に解ける…冬が最後の悪ふざけ!

作業の方は
7F964161-257B-47BC-80C5-E7C970AA8141
ウェーブリムボウル

オーナーシェフのご希望で作りました。
作りの段階では結構上に向いてますが、本焼きすると下がるので、ある程度予測して作りました。

673AA5D3-C947-43B8-82F3-8EAF8804F5C2
上から見たらこんな感じ。

リムのボウルはこの頃多いので、手馴れて来たかな?!
最初、1.5kgで始めて目標の29cmには無理があり、2kgでも何個か失敗するので、今は2.2kgで落ち着いてます。

上手な方なら2kgでも挽くかと思いますが、私は無理しない笑。

昨日、新元号「令和」が発表されましたが、領収書とかに書き込む時、間違いなく書き出し平成と書いてしまいそう!

時代が変わる、これで私は昭和・平成・令和と…間違いなく 爺ちゃん、ここまで来たらはってもずっても4つ目の時代まで生きてやろう!笑。

個人的には何も変わら無いかと思いますが、5月1日から令和のスタート、良い時代になること祈るばかり!


Click for cheering応援宜しくお願いいたします人気ブログランキングへ




応援宜しくお願いしますにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

このページのトップヘ